ペタの部位とおいしい食べ方・焼き方は?カリカリ&クニュクニュ食感

スポンサーリンク

ペタは、鶏肉の中で最も脂っこくてコクがある部位で、焼き方によってカリカリしていたりクニュクニュしていたりする食感が特徴です。

嚙むごとににじみ出てくるジューシーな肉汁は、ペタならではの味わいといっていいでしょう。

ペタの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、鶏肉の中で最も脂っこくてコクがあるペタの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ペタの部位

ペタの部位は、鶏の背中側の腰の皮で、お尻(ぼんじり)と背中を繋いでいる皮の厚い部分で、下図のぼんじりの左側になります。

ペタというユニークな名前の由来は、お尻の端の部分を意味する「尻っぺた」からきているといわれますが、諸説あってこれというものはありません。

鶏は皮の部分に最も脂がありカロリーも高いですが、その鶏皮の中でもペタは特に皮の厚い部分なので、脂のかたまりのようなものです。

なので、当然のことながら脂肪たっぷりでコクのある濃厚な味が特徴になります。

脂が多い割には食感はあまりそれを感じさせないので、個人的には焼鳥屋では必ず真っ先にオーダーする部位です。

ペタの食感・味

食感は、皮だけにクニュクニュとしていますが、焼き方によっては表面のカリカリした食感と中の肉汁たっぷりのジューシーな食感の両方が楽しめます。

味は、上述したように脂のコクが強く濃厚です。

ペタのおいしい食べ方

続いて、ペタのおいしい食べ方です。

ペタの濃厚さに対抗するのは、やはりタレがベストチョイスで、にんにく醬油もおすすめです。

さっぱりと味わいたい場合は、塩もいいでしょう。

ペタのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアム」で、脂を落とし過ぎないように焼くのがポイントです。

皮目を下に向けてカリカリにして食べるのが、基本となります。

ペタに合うお酒

・ビール

・焼酎

・ハイボール

・ホッピー

ペタの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、鶏肉の中で最も脂っこくてコクがあるペタの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

ペタの部位は、鶏の背中側の腰の皮で、お尻(ぼんじり)と背中を繋いでいる皮の厚い部分で、脂肪たっぷりでコクのある濃厚な味が特徴です。

おすすめの焼き方は、「ミディアム」ですが、皮だけに基本的に食感はクニュクニュとしていますが、焼き方によって表面のカリカリした食感と中の肉汁たっぷりのジューシーな食感の両方が楽しめる部位です。

うまく焼き上げて、カリカリ&クニュクニュ食感の両方を楽しんで下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント