鶏ハツの部位とおいしい食べ方・焼き方は?あっさりした味と歯切れ

スポンサーリンク

鶏ハツは、鶏の心臓で、あっさりした味わいと歯切れのよさが魅力の部位です。

また、鶏ハツの独特の食感がお好みの方も多くいらっしゃると思います。

鶏ハツの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、あっさりした味わいと歯切れのよさが魅力の鶏肉のハツの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

鶏ハツの部位

鶏ハツの部位は、鶏の心臓で、別名「こころ」、肝臓(レバー)と合わせて「きも」と呼ばれることもあります。

あっさりとした味わいで、いい鶏ハツはくさみもほとんどありません。

また、鉄分やビタミンが豊富で、脂肪が多めです。

鶏ハツを選ぶ時は、血抜きがしっかりされた血のにおいが気にならない鶏ハツを選びましょう。

 

鶏ハツの食感・味

続いて、鶏ハツの食感と味です。

鶏ハツの食感は、サクッと歯切れがよく、ほど良い歯ごたえで噛み切れます。

脂肪の甘味と肉汁のコクが濃厚です。

脂肪や血管を取り除いて赤身肉だけにする場合と取り除かずに焼く場合がありますが、脂肪を取り除かずに焼いた場合は、より濃厚な味わいになります。

鶏ハツのおいしい食べ方

鶏ハツのおいしい食べ方は、なんといっても塩でシンプルにあっさりとした味付けで食べるのがおすすめです。

特に脂肪が多い鶏ハツは塩がいいでしょう。

においが気になるという方は、タレで濃厚に味付けして食べるのがいいでしょう。

鶏ハツのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」で、中まで火を通しながらも柔らかい食感を保った焼き方がおすすめです。

中のジューシーな肉汁を味わえるように焼きましょう。

鶏ハツに合うお酒

・塩には、白ワインがおすすめです。

・シャンパンもおすすめ

・タレには、しっかりした赤ワインもいけます。

・日本酒

・焼酎

鶏ハツの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、あっさりした味わいと歯切れのよさが魅力の鶏肉のハツの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

鶏ハツの部位は、鶏の心臓で、別名「こころ」、肝臓(レバー)と合わせて「きも」と呼ばれることもあります。

おすすめの焼き方は、「ミディアムレア」ですが、中まで火を通しながらも柔らかい食感を保つようにしたいです。

歯切れのいい食感とあっさりした味わいが特徴ですが、選ぶ時には、血のにおいが気にならない鶏ハツを選ぶのもポイントのひとつといえます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント