鶏レバーの部位とおいしい食べ方・焼き方は?フワッとした柔らかさ!

スポンサーリンク

鶏レバーは、鶏の肝臓で、柔らかくフワッとして濃厚な味わいが魅力の部位です。

フワッとした柔らかい食感以外に、鉄分が多く含まれているのもよく知られている特徴です。

そんな鶏レバーの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、柔らかくフワッとして濃厚な味わいが魅力の鶏レバーの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

鶏レバーの部位

鶏レバーは、鶏の肝臓で、ビタミンAを多く含む栄養価の高い部位で、別名で「きも」とも呼ばれています。

鉄分も多く含み、貧血にいいのはよく知られているところです。

肝臓といえば、フォアグラが有名ですが、白レバーというメニューで出され、これは脂肪肝に当たります。

鶏のフォアグラは、天然では数十羽に1羽程度しか取れない超希少部位になります。

 

鶏レバーの食感・味

続いて、鶏レバーの食感と味です。

食感は、ふんわりと柔らかく、濃厚なコクがあります。

この食感が好きだという方も多いのではないでしょうか。

新鮮で質の良い鶏レバーはチーズのような濃厚な味わいがあります。

鶏レバーのおいしい食べ方

鶏レバーの濃厚な味わいを最も引き出すのは、何と言ってもタレで、鶏レバーのコクと絡み合って最高の味わいを楽しめます。

次に塩がおすすめで、タレと比較してあっさりした味わいになります。

鶏レバーのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、炒め物、煮込み料理、ペーストなどもおすすめです。

鶏レバーのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアム」で、ふんわりと柔らかさを保つように焼き上げるのがおすすめです。

遠火でじっくりと火を通しましょう。

鶏レバーに合うお酒

・ビール

・ワインなら、レバーの濃厚さに負けないフルボディの赤ワインがおすすめ

・日本酒もしっかりしたタイプが合います。

・焼酎

鶏レバーの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、柔らかくフワッとして濃厚な味わいが魅力の鶏レバーの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

鶏レバーは、鶏の肝臓で、ビタミンAを多く含む栄養価の高い部位で、フワッとした柔らかい食感と鉄分が多く貧血にいいのが特徴といえます。

鶏のフォアグラは、天然では数十羽に1羽程度しか取れない超希少部位です。

おすすめの焼き方は、「ミディアム」で、ふんわりと柔らかさを保つように焼き上げるのがポイントです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント