鶏ももの部位とおいしい食べ方・焼き方は?肉厚で濃厚なうま味が魅力

スポンサーリンク

鶏ももは、鶏肉の中でも肉厚で濃厚なうま味が魅力の鶏肉の代表的な部位です。

食べ方も多岐にわたり、鶏肉のなかでも中でも汎用性の広さはトップクラスです。

そんな鶏ももの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、肉厚で濃厚なうま味が魅力の鶏ももの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

鶏ももの部位

鶏ももは、鶏の太ももから足首にかけての肉で、鶏肉において最も代表的な部位です。

ひざから上は「サイ」、ひざから下は「ドラムスティック」と呼ばれています。

肉質は、赤身が強く鶏肉のうま味をしっかりと味わうことができます。

他の部位より筋肉質でタンパク質と脂肪が多く、鉄分は鶏肉の中で最も多く含まれています。

煮ても焼いても揚げてもOKで、さまざまな料理に使える万能の部位でもあります。

鶏ももの食感・味

続いて、鶏ももの食感と味です。

食感は、むね肉よりも筋肉質でやや硬く、弾力性と歯ごたえがあります。

この弾力性が鶏ももの食感の特徴といっていいでしょう。

味は、肉汁がジューシーで、クセがなく濃厚なうま味があります。

鶏もものおいしい食べ方

塩で食べるのが、もものうま味が最も楽しめておすすめです。

他には、タレと一味唐辛子のコンビで甘辛く食べるのもいいでしょう。

焼鳥の王道メニューのねぎまは、鶏肉とねぎを交互に挟んだももの最高の食べ方でしょう。

鶏もものおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、骨付きならローストチキンやフライドチキン、骨なしなら唐揚げ、カレー、ソテーや炒め物、揚げ物、煮込み料理などさまざまな料理に用いられています。

お酒はビールや焼酎、日本酒がおすすめです。

鶏もものおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアム」で、皮付きの場合は、皮を下にして焼きます。

脂が落ちすぎないよう遠火でじっくりと焼きます。

カロリーが気になる方は、皮を取るとよいでしょう。

鶏ももの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、肉厚で濃厚なうま味が魅力の鶏ももの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

鶏ももの部位は、鶏の太ももから足首にかけての肉で、さまざまな調理方法に対応し、料理も焼くだけでなく幅広いです。

焼き方は、「ミディアム」で、脂が落ちすぎないよう遠火でじっくり焼くのがおすすめです。

クセもなく濃厚なうま味が楽しめるので、万人が安心して楽しめる部位といえるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント