鶏のむねの部位とおいしい食べ方・焼き方は?低脂肪で高タンパク!

スポンサーリンク

鶏のむねは、鶏肉の代表的な部位で、脂肪が少なめでタンパク質が多く柔らかい肉質が魅力の部位です。

鶏のむねは栄養素も豊富で、最近では疲労回復にも効果的なのではないかと話題になっています。

鶏のむねの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、低脂肪で高タンパク、柔らかい肉質が魅力の鶏のむねの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

鶏のむねの部位

鶏のむねの部位は、手羽を除いた胸の大きな筋肉の部分です。

脂肪が少なくタンパク質が豊富な部位で、焼く以外にもあらゆる料理に合う万能性が特徴です。

低価格でリーズナブルなのも手軽に食べられてうれしい部位です。

また、ビタミンやミネラルが含まれていますが、その中でもビタミンB6、ビタミンK、パントテン酸、ナイアシンが豊富に含まれています。

最近、鶏のむね肉に含まれるイミダペプチドという成分が疲労回復に効果的であることがわかり、注目されています。

鶏のむねの食感・味

続いて、鶏のむねの食感と味です。

食感は、柔らかく弾力もあり、歯切れがいいです。

味は、淡泊で、あっさりしています。

鶏のむねのおいしい食べ方

タレでも塩でもおいしく食べることができますが、鶏肉本来の味を楽しむなら、塩のほうががおすすめです。

アクセントをつけるなら、七味やわさびを使うのもいいでしょう。

鶏のむねのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、ソテーや炒め物、揚げ物、蒸し物、サラダチキンなどにもおすすめです。

お酒はビール、ワインなら白ワインがおすすめです。

鶏のむねのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」で、じっくりと火を通して、ふっくら感が出たタイミングで食べるのがおすすめです。

焼き過ぎると、うま味を逃がしてしまうので注意しましょう。

鶏のむねの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、低脂肪で高タンパク、柔らかい肉質が魅力の鶏のむねの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

鶏のむねは、手羽を除いた胸の大きな筋肉の部分で、低脂肪・高タンパクなうえに栄養素が豊富なのが特徴の部位です。

また、最近では疲労回復効果が注目されている部位でもあります。

おすすめの焼き方は、「ミディアムレア」で、うま味を逃がさないように焼くのがおいしく食べるポイントです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント