せぎもの部位とおいしい食べ方・焼き方は?ホルモンらしい芳醇な味!

スポンサーリンク

鶏肉のせぎもは、濃厚でいかにもホルモンらしい芳醇な味わいが魅力です。

このホルモンらしさが好き嫌いが分かれるところですが、一度食べたらクセになる人も多い通好みの部位です。

せぎもの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、濃厚でいかにもホルモンらしい芳醇な味わいが魅力の鶏肉のせぎもの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

せぎもの部位

せぎもの部位は、鶏の腎臓で、下図の砂肝ぼんじりの間の背中のあたりに位置しています。

せぎもは、漢字では「背肝」と書きます。

1羽から取れる量が少ない希少部位で、加熱するとさらに小さくなってしまうとあって置いてある焼鳥屋さんでもすぐに売り切れになってしまいます。

その上、取り外すのに手間がかかり、鮮度が落ちるのも早いという難しい部位でもあります。

ホルモンらしい味わいは通好みでクセになる人もいますが、好き嫌いが分かれる個性的な部位といえるでしょう。

せぎもの食感・味

続いて、せぎもの食感と味です。

食感は、レバーに近いように見えて別物で、ざっくりしていますが歯切れがよく独特の後味があります。

味は、肝臓に似て濃厚ですが、独特の甘味があります。

ホルモンらしい味わいは好き嫌いが分かれやすいですが、好きになればクセになりやすい部位でもあります。

せぎものおいしい食べ方

せぎものクセを隠しコクを味わうならタレがおすすめで、にんにく醬油との相性がいいです。

慣れてきたなら塩でもいけます。

せぎものおいしい食べ方としては焼鳥以外にも、炒め物などにおすすめです。

せぎものおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ウェルダン」で、じっくりと焼き上げて食べるのがおすすめです。

肉汁が出てきたら、おいしく食べるタイミングとみていいでしょう。

せぎもに合うお酒

・ビール

・日本酒

・焼酎

せぎもの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、濃厚でいかにもホルモンらしい芳醇な味わいが魅力の鶏肉のせぎもの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

せぎもの部位は、鶏の腎臓で、濃厚でいかにもホルモンらしい芳醇な味わいが特徴です。

おすすめの焼き方は、「ウェルダン」で、肉汁が出てきたら食べごろといえます。

ホルモンらしさが逆に好き嫌いが分かれる部位ではありますが、希少部位なので見かけたらぜひ食べてみることをおすすめします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント