砂肝の部位とおいしい食べ方・焼き方は?コリコリした食感が特徴

砂肝は、鶏の胃の一部で、コリコリとした食感が特徴の部位です。

一度食べたら忘れられないあの食感は、他の部位にはない砂肝だけのものです。

砂肝の部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、コリコリした食感が特徴の鶏肉の砂肝の部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

砂肝の部位

砂肝の部位は鶏の胃の一部で、別名「砂嚢」、「すなずり」ともいわれます。

鶏は歯がないため、食べた物をすりつぶすために胃の中に砂があり、ここで食べた物をすりつぶします。

これが砂肝で、食べる時は砂は取り除かれています。

他の部位に比べてカロリーが低いのですが、コレステロールや亜鉛が多いのも特徴です。

砂肝の食感・味

食感は、筋肉が発達しているのでコリコリとしており、これが砂肝の最大の特徴といえるでしょう。

見た目は固そうですが、サクッと簡単に噛み切れます。

鶏が何を食べたかによって食感が変わるといわれています。

味は、淡白であっさりしており、甘味もありますが独特のクセもあります。

砂肝のおいしい食べ方

味付けは、塩で食べるのがあっさりしていて、砂肝の淡泊な魅力を最大限に味わえておすすめです。

こってりした味付けで食べたい場合は、タレかごま油塩がいいでしょう。

七味唐辛子でアクセントをつけるのもいいです。

砂肝のおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアム」で、中までじっくりと焼きあげるのがおすすめですが、コリコリした食感が味わえるように焼きたいので焼き過ぎには注意が必要です。

中心部の焼き具合もポイントです。

砂肝に合うお酒

・ビール

・ワインなら、白ワインのシャルドネ系

・日本酒

・焼酎

砂肝の部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、コリコリした食感が特徴の鶏肉の砂肝の部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

砂肝の部位は鶏の胃の一部で、別名「砂嚢」、「すなずり」ともいわれます。

コリコリとした食感が砂肝の最大の特徴ですが、カロリーが低くコレステロールや亜鉛が多いのも砂肝のもうひとつの特徴といえます。

おすすめの焼き方は、「ミディアム」ですが、コリコリした食感のためには焼き過ぎには気をつけましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント