アキレスの部位とおいしい食べ方・焼き方は?筋肉が多く濃厚なうま味

スポンサーリンク

アキレスは、鶏肉のもも肉の下半分の筋肉で、濃厚なうま味が魅力の部位です。

弾力のある食感は、いかにも筋肉といった感じがします。

鶏肉のアキレスの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方などはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、筋肉が多く濃厚なうま味が魅力の鶏肉のアキレスの部位とおいしい食べ方・焼き方などを見ていきます。

スポンサーリンク

アキレスの部位

アキレスの部位は、鶏肉のもも肉の真ん中の関節から下半分のところです。

普通のもも肉より筋肉が多く、コクがあって食後の満足感は鶏肉の中で抜群といわれています。

ゼラチン質でコラーゲンが豊富で、長時間加熱するとゼラチン状になります。

 

アキレスの食感・味

食感は、弾力性のある歯ごたえでザックリとしていますが、筋肉が発達している部位なので、もも肉よりコクがあり、甘く芳醇なうま味があります。

新鮮なものほど柔らかいです。

臭みがなく食べやすいのは、もも肉と同様です。

アキレスのおいしい食べ方

味付けは、あらゆるものと合いますが、最もおすすめなのがタレでアキレスのうま味・コクとよく合います。

肉本来の味を楽しむなら、塩もおすすめです。

七味唐辛子を加えれば、いいアクセントになるでしょう。

アキレスのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、煮込み料理、炒め物、おでんなどに使われます。

お酒はビール、日本酒、焼酎などがおすすめです。

アキレスのおいしい焼き方

続いて、アキレスのおいしい焼き方です。

おいしい焼き方は、「ウェルダン」で、遠火で焼いて中心部まで火を通して柔らかく焼き上げるのが、おすすめです。

じっくり焼く場合は、弱火で焼くのがいいでしょう。。

アキレスの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、筋肉が多く濃厚なうま味が魅力の鶏肉のアキレスの部位とおいしい食べ方・焼き方などを見てきました。

アキレスの部位は、鶏肉のもも肉の真ん中の関節から下半分のところで、もも肉の中でも筋肉が多く、コクもあって濃厚な味わいが楽しめます。

焼き方は、「ウェルダン」がおすすめで、味付けは、あらゆるものと合います。

歯ごたえと濃厚なうま味が特徴で、味付けもお酒も幅広く合う、ある意味では万能な部位といえます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント