つくねは鶏肉のどの部位を使う?意味やおいしい食べ方・焼き方も!

スポンサーリンク

鶏肉では”つくね”と呼ばれる肉がありますが、普段は何気なく普通に食べていますが、店によってこだわりが違うユニークな肉でもあります。

材料も鶏肉だけでなく、さまざまな素材が使われていて食べてみても使っている部位がわからないこともしばしばです

つくねとは、鶏肉のどの部位を使っていて、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、つくねは鶏肉のどの部位を使うのか、さらにその意味やおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

つくねは鶏肉のどの部位を使う?どんな意味?

つくねとは、鶏肉を細かくすりつぶしてひき肉にし、団子状や棒状にした肉です。

別名として他に「ゴロ」とも呼ばれています。

つくねを作るのにどの部位を使うかは焼鳥店によってもさまざまですが、ももやむね肉をはじめ、ささみ、軟骨などを混ぜることもあります。

鶏肉以外にも細かく刻んだネギやタマネギなどの野菜なども混ぜます。

お店によって形や大きさが違ったり、串に刺していたりいなかったりと個性が出る肉だといえます。

味付けもさまざまで最初から味がついている場合もあります。

ぜひ食べ比べてみてお気に入りのお店を見つけて下さい。

つくねは、焼く他にも鍋料理などにも使われます。

つくねの食感・味

続いて、つくねの食感と味です。

食感は、ふわふわして柔らかく、味は焼き加減でかわります。

中の肉汁が多いとジューシーな味わいですが、冷めても硬くならず、お弁当に使えるほどです。

つくねのおいしい食べ方

最初から味がついていて、自分で味付けを選べない場合も多いですが、つくねの肉汁にはタレがおすすめです。

他にも塩で味付けしたり、七味唐辛子を振りかけてもいいでしょう。

お酒はビールや日本酒、焼酎、ワインなら赤ワインがおすすめです。

つくねのおいしい焼き方

つくねは使用している部位もさまざまなので焼き方は難しく、火を通し過ぎればパサパサしてつくねのおいしさは逃げてしまいます。

おいしい焼き方は、つくねのジューシーさを残しつつ表面はカリッと焼き上げることです。

それには、「ミディアム」で、遠火、あるいは弱火でじっくりと焼き上げるのがおすすめです。

つくねは鶏肉のどの部位?~まとめ

今回は、つくねは鶏肉のどの部位を使うのか、さらにその意味やおいしい食べ方・焼き方などを見てきました。

つくねとは、鶏肉を細かくすりつぶしてひき肉にし、団子状や棒状にした肉で、別名として他に「ゴロ」とも呼ばれています。

どの部位を使うかは焼鳥店によってもさまざまですが、ももやむね肉をはじめ、ささみ、軟骨などを混ぜることもあります。

おすすめの焼き方は、「ミディアム」ですが、中の肉汁のうま味は残して食べるのが通です。

材料や料理の仕方もさまざまなので、そのお店の個性が出る肉といえるでしょう。

なので、お店による違いを楽しむのもおすすめです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント