鶏むなもとの部位とおいしい食べ方・焼き方は?肉汁のうま味が魅力

スポンサーリンク

鶏むなもとは、鶏の肩の部分の肉で、肉汁のうま味が魅力の部位です。

むねの近くなので、味わいも似ていそうな気がしますが、実はまったく対照的なのがおもしろいところです。

そんな鶏むなもとの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、肉汁のうま味が魅力の鶏むなもとの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

鶏むなもとの部位

鶏むなもとの部位は、鶏の肩の部分の肉で、手羽と胸肉の間にあたります。

一羽から少ししか取れないため希少部位になり、肉も小さめです。

羽を動かす時にいっしょに動く部位なので身も引き締まっていますが、鶏肉のなかでは柔らかいほうです。

ジューシーな肉汁が焼鳥通の間で人気の部位です。

鶏むなもとの食感・味

食感は、やや弾力性があるが、柔らかいです。

鶏のむねの近くなので、さっぱりして淡白な味わいのイメージがあると思いますが、もも肉のようなジューシーな味わいがあり非常に対照的です。

しかし、むねと同様に脂っこさがあまりないため、肉自体の味が楽しめます。

鶏むなもとのおいしい食べ方

続いて、鶏むなもとのおいしい食べ方です。

肉汁のうま味を最大限に引き出す味付けは、塩が最もおすすめです。

濃厚な味わいが好みならタレ、逆にさっぱりした味わいを楽しみたいなら柚子胡椒もいいでしょう。

鶏むなもとのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアム」で、中まで程よく火を通して焼くのがおすすめです。

ただし、肉汁が多いタイプなので、出しすぎに注意しましょう。

弱火でじっくりと焼き上げ、バーベキューでは鉄板の端の方に置いて時間をかけて焼くのがいいでしょう。

鶏むなもとに合うお酒

・ワインなら、しっかりした白ワインがおすすめ

・日本酒もジューシーな肉汁に負けないしっかりしたタイプがいいでしょう。

・焼酎

鶏むなもとの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、肉汁のうま味が魅力の鶏むなもとの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

鶏むなもとの部位は、鶏の肩の部分の肉で、手羽と胸肉の間にあたります。

むねの近くなので味もむねに似ているような気がしますが、対照的に鶏のももと同じくらいジューシーです。

おすすめの焼き方は、「ミディアム」ですが、肉汁の出しすぎには注意しましょう。

一羽からあまり取れない希少部位なので、見つけたら即、試してみたい部位です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント