せせりの部位とおいしい食べ方・焼き方は?1羽から取れる量はわずか

スポンサーリンク

せせりは、鶏の首の肉で、1羽からわずかしか取れないこってりした味わいが魅力の部位です。

流通量も多くないため、あまり見かける機会もないかもしれません。

せせりの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、1羽からわずかしか取れない鶏肉のせせりの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

せせりの部位

せせりは、鶏の首の肉で、筋肉が集まっている部位で、別名で「首肉」、「ネック」、「すきみ」、「そろばん」など、さまざまな呼び方があります。

鶏は、首が長く、運動量も多いため、この部位の肉はよく締まっています。

しかし、一羽から取れる量が少ないため、なかなか流通しなかったり、少々割高だったりします。

せせりの名前の由来

せせりという名前の由来ですが、「せせる」とは、ほじくるという意味なのですが、鶏の首の肉をほじくるようにして取っていたことから、「せせる」が変化してついた名前と言われています。

せせりの食感・味

食感は、歯ごたえがあって、身が引き締まっています。

鶏の中では肉汁が多少脂っこく、こってりした味わいです。

せせりのおいしい食べ方

続いて、せせりのおいしい食べ方です。

味付けは、塩でこってりした脂と肉汁を味わうのがおすすめですが、濃い味付けが好みならタレもいいでしょう。

お酒はビール、日本酒、焼酎、ワインならスッキリした白ワインがおすすめです。

せせりのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアム」で、脂を落とさないような焼き加減がおすすめです。

焼き過ぎて、固くならないように注意しましょう。

せせりの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、1羽からわずかしか取れない鶏肉のせせりの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

せせりは、鶏の首の肉で、筋肉が集まっている部位ですが、「首肉」、「ネック」、「すきみ」、「そろばん」など多くの別名があります。

おすすめの焼き方は、「ミディアム」ですが、焼き過ぎて、固くなるのには注意が必要です。

1羽から取れる量がわずかというのが残念ですが、こってりした味わいが魅力の部位です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント