鶏肉のあずきの部位とおいしい食べ方・焼き方は?複雑なうま味が特徴

スポンサーリンク

鶏肉のあずきは、レバーに似て非なる複雑な味が特徴の焼鳥通の部位です。

見た目も鶏肉のようには見えず独特ですが、食べたことがないという方も多いのではないかと思います。

鶏肉のあずきの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、レバーに似て非なる複雑な味が特徴の鶏肉のあずきの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

鶏肉のあずきの部位

あずきの部位は、鶏肉の脾臓で、下図のハツレバーの近くに位置している小さな気管です。

名前の由来は、その名の通り、見た目があずきそっくりなところからきています。

レバーによく似た特徴を持ち、鉄分が豊富なのも同じで味も似ていますが、あずきのほうが複雑なうま味があります。

焼く前はあずきのような赤い色をしているのもユニークですが、焼くと黒くなるのもおもしろいです。

鶏1羽から1つしか取れない希少部位なので、見つけたらすかさず注文しましょう。

鶏肉のあずきの食感・味

続いて、鶏肉のあずきの食感と味です。

あずきは独特の歯ごたえと歯切れの良さがあり、固めの豆のような食感があります。

味はレバーに似ていますが、クセもあり独特の甘味の中にやや苦味があるという複雑なうま味があります。

鶏肉のあずきのおいしい食べ方

上述したように少々クセがある部位なので、タレで濃い目に味付けして食べるのがおすすめです。

七味唐辛子を加えるのもいいです。

塩はあずきの苦味を強調してしまうので、慣れてからのほうがいいでしょう。

鶏肉のあずきのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ウェルダン」で、中まで火を通してから食べるのがおすすめです。

焼くと真っ黒になりますが、焼き過ぎると固くなるので気をつけましょう。

鶏肉のあずきに合うお酒

・ビール

・日本酒

・焼酎

・紹興酒

・ワインなら赤ワインがおすすめ

鶏肉のあずきの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、レバーに似て非なる複雑な味が特徴の鶏肉のあずきの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

あずきの部位は、鶏肉の脾臓で、味はレバーに似ていますがクセもあり甘味の中にやや苦味があるという複雑なうま味が特徴です。

少々クセがある部位なので、タレで濃い目に味付けして食べるのがポイントです。

おすすめの焼き方は、「ウェルダン」で、中まで火を通してから食べるのがおすすめです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント