豚チレの部位とおいしい食べ方・焼き方は?網脂の甘味がポイント!

スポンサーリンク

豚チレは、レバーに似た食感ですが、網脂と呼ばれる脂肪の甘味がポイントのホルモンです。

レバーよりクセはありますが、食べやすくするためにこの網脂が一役買うユニークな部位です。

豚チレの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、レバーに似た食感で網脂と呼ばれる脂肪の甘味がポイントの豚チレの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

豚チレの部位

豚チレの部位は、豚の脾臓で、別名で「タチギモ」とも呼ばれます。

ガツ(胃)とシロ(大腸)の間に位置しており、豚チレは鮮度が落ちるとクセのある独特の臭みが出やすい部位です。

豚チレには白い網状の網脂(あみあぶら)と呼ばれる脂肪がついていますが、この網脂の甘味が味のポイントで網脂によって豚チレのクセを包み隠すことができます。

網脂が大きければ、それだけ焼いた時に脂が融合して食べやすくなりというわけです。

網脂は、別名「ハラアブラ」とも呼ばれ、脂肪が少ない部分をローストすると脂のうま味が加わっておいしくなります。

豚チレは牛チレ以上に取れる分が少ない希少部位で、あまり見かけることがないと思いますから見かけたら迷わず試してみることをおすすめします。

豚チレの食感・味

続いて、豚チレの食感と味です。

食感は、レバーに似ていてクニュクニュして柔らかいです。

しかし、味はレバーよりクセがあり、このクセを甘味のある網脂が包み込んで食べやすくしてくれます。

豚チレのおいしい食べ方

おすすめの味付けは、味噌ダレや塩ダレなどタレですが、ガーリックバターでステーキのようにして食べる食べ方もあります。

豚チレは、焼肉や串焼きでは焼きトンとして食べられていますが、他にもフランス料理や中華料理、ハンバーグなどにも使われています。

お酒は、ビール、日本酒、焼酎などがおすすめです。

豚チレのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」で、脂を溶かし過ぎないよいうにしましょう。

表面をカリカリに焼き上げてもいいですが、脂とのバランスを見極めることがポイントとなります。

豚チレの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、レバーに似た食感で網脂と呼ばれる脂肪の甘味がポイントの豚チレの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

豚チレの部位は、豚の脾臓で鮮度が落ちるとクセのある独特の臭みが出やすいですが、網脂(あみあぶら)と呼ばれる脂肪の甘味が融合すると食べやすくなります。

おすすめの焼き方は、「ミディアムレア」で、脂とのバランスを見極めることがポイントです。

豚チレは希少部位なので、もし見かけたら迷わず試してみることをおすすめします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント