シロの部位とおいしい食べ方・焼き方は?歯ごたえのある食感と甘味!

豚ホルモンのシロは、豚の大腸で、歯ごたえのある食感と甘味のある味が魅力のリーズナブルで人気の部位です。

クセもなく食べやすいので、人気があるのも納得といえます。

豚ホルモンのシロの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、歯ごたえのある食感と甘味のある味が魅力の豚ホルモンのシロの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

シロの部位

豚ホルモンのシロの部位は、豚の大腸ですが、小腸も含めて「シロ」と呼ばれて売られていることもあります。

見た目は小腸よりやや太く細いひだがあり、歯ごたえがありますが、どちらも脂肪が多めです。

歯ごたえのある食感と甘味のある味が特徴で、リーズナブルなので豚モツの中でも大変人気があります。

気取らずに仲間とワイワイ飲みながら食べるのに打ってつけの部位でしょう。

あまり知られていないかもしれませんが、ソーセージを包んでいる皮としても使われています。

シロの食感・味

続いて、シロの食感と味です。

食感は、やや硬めで、ザクッとした歯ごたえがあります。

味は、ほんのりとした甘味があってクセもなく食べやすい部位です。

シロのおいしい食べ方

味付けは、タレ系なら甘口ダレや味噌ダレがおすすめです。

シンプルに塩コショウで味わうとシロそのものの味が引き立ちます。

シロのおいしい食べ方としては焼肉以外にも、煮込み料理もおすすめでこちらもおいしいです。

シロのおいしい焼き方

おいしい食べ方は、「ミディアム」で、中まで火を通して、シロが膨らんでくるまで待って食べるのがおすすめです。

焼けるまで時間がかかる部位なので、他の部位といっしょに焼く場合は、端のほうで気長に焼きましょう。

シロに合うお酒

・ビール

・ワインなら、すっきり系の白ワインがおすすめ

・焼酎

・日本酒

・ハイボール

シロの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、歯ごたえのある食感と甘味のある味が魅力の豚ホルモンのシロの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

豚ホルモンのシロの部位は、豚の大腸ですが、小腸も含めて「シロ」と呼ばれることもあります。

食感はざくっと歯ごたえのある食感と甘味のある味が特徴で、リーズナブルなので豚モツの中でも大変人気がある部位です。

おすすめの食べ方は、「ミディアム」で、中まで火を通して、シロが膨らんできた頃が食べ頃です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント