コブクロの部位とおいしい食べ方・焼き方は?焼くと丸くなる!

豚肉ホルモンのコブクロは、豚の子宮で、コリコリした食感と焼くと丸くなる高たんぱくで低カロリーの部位です。

味や形はユニークですが、クセもほとんどなく食べやすい部位といえるでしょう。

豚肉ホルモンのコブクロの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方などにはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、コリコリした食感と焼くと丸くなる豚肉ホルモンのコブクロの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

コブクロの部位

豚肉ホルモンのコブクロの部位は、豚の子宮で、細い筒状の形状で約70gほどです。

下ゆでする時に千切りにカットされますが、焼くとクルッと丸まります。

コリコリした食感とさっぱりした淡白な味わいが特徴で、クセもほとんどありません。

どの部位とも違うユニークな味や形状は、コブクロならではといえます。

脂肪が非常に少なく、たんぱく質が多い部位で、ビタミンやミネラルも少なめです。

カロリーも少なく、ヒレの半分ほどなので、ダイエットをしている方にもおすすめです。

コブクロの食感・味

続いて、コブクロの食感と味です。

食感は、柔らかく、弾力性があり、コリコリした歯切れのよさがあります。

味は、淡白ですが、噛むと独特の甘味があります。

コブクロのおいしい食べ方

味付けは、タレ系がおすすめで、甘口ダレや味噌ダレなど。

塩ダレは、コブクロの肉汁の甘味をより引き立ててくれます。

コブクロのおいしい食べ方としては焼肉以外にも、煮込み料理や和え物などに使われます。

コブクロのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」で、表面はしっかりと焼き上げ、中は軽く火を通して食べるのがおすすめです。

焼くと丸まってくるので、それがちょうどいい食べ頃のタイミングといえます。

弾力性のある食感は焼きたてが最も楽しめるので、焼き上げたらすぐ食べるのもポイントです。

コブクロに合うお酒

・ビール

・焼酎

・日本酒

コブクロの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、コリコリした食感と焼くと丸くなる豚肉ホルモンのコブクロの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

豚肉ホルモンのコブクロの部位は、豚の子宮で、細い筒状の形状で約70gほどで、焼くとクルッと丸くなるユニークな部位です。

クセもほとんどなく、コリコリした食感とさっぱりした淡白な味わいが特徴で、高たんぱくで低カロリーです。

おすすめの焼き方は、「ミディアムレア」で、クルッと丸くなった頃が食べ頃のタイミングです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント