豚ヒレの部位とおいしい食べ方・焼き方は?あっさりしていて最高級!

スポンサーリンク

豚ヒレは言わずと知れた豚肉の最高級部位ですが、豚1頭から取れる量が少ない希少部位でもあります。

食べ方もさまざまで、同じ高級部位でも牛ヒレよりは手軽なのもうれしいところです。

豚ヒレの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、あっさりしていて最高級とされる豚ヒレの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

豚ヒレの部位

豚ヒレの部位は、豚の背中の肉であるロースの内側で左右1本ずつ付いています。

背骨に沿うように棒状の形をしており、豚1頭から取れる量は左右合わせてわずかに約400gという希少部位で、別名でフィレ、テンダーロインとも呼ばれることもあります。

この希少性とともに脂肪がほとんどなく豚肉の中で最も柔らかい肉質のため最高級部位とされています。

また、豚ヒレは非常にキメが細かい赤身肉で、たんぱく質が多く脂肪が少なくカロリーは低いのでヘルシーさの面でも人気の高い部位となっています。

また、ビタミンB1が豊富なのも特徴でこれは豚バラ肉の2倍もの含有量で、疲労回復にも期待されています。

豚ヒレの食感・味

続いて、豚ヒレの食感と味です。

食感は、上述したように豚肉の中で最も柔らかく上品さを感じることができます。

味わいは淡白であっさりしていますが、逆にコクがないともいえます。

豚ヒレのおいしい食べ方

豚ヒレは味わいが淡白なので、味付けは甘口ダレなどの濃厚なタレがよく合います。

揚げ物やとんかつなどでは、こってりしたソースで味付けするのがいいでしょう。

また、淡白な豚ヒレは油を使った料理に向いています。

豚ヒレのおいしい食べ方は、ステーキ、ソテー、炒め物、揚げ物、とんかつなどがおすすめです。

豚ヒレのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」ですが、焼き過ぎには注意が必要です。

豚ヒレは脂肪の少なさと水分量の多さが特徴ですが、これが逆に焼き過ぎた場合には硬くなってしまいます。

なるべく短い時間で、サッと効率良く火を通して焼き上げるのがおすすめです。

豚ヒレの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、あっさりしていて最高級とされる豚ヒレの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

豚ヒレの部位は、豚の背中の肉であるロースの内側で左右1本ずつ付いていますが、豚1頭から取れる量はわずかに約400gという希少部位です。

脂肪がほとんどなくヘルシーで、豚肉の中で最も柔らかい肉質のため最高級部位とされています。

おすすめの焼き方は、「ミディアムレア」で、焼き過ぎないのがポイントです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント