豚タンの部位とおいしい食べ方・焼き方は?脂肪が少なく栄養価が高い

スポンサーリンク

豚タンは、脂肪が少なめで、あっさりしていて栄養価の高い部位です。

牛タンに比べると小さいですが、サクサク食べることができて人気があります。

豚タンの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、少ない脂肪とあっさりしていて栄養価の高い豚タンの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

豚タンの部位

豚タンの部位は、豚の舌で長さは約15cm、牛タンに比べると小さく、脂肪が少なくてあっさりしています。

先端より根元のほうが柔らかく脂肪が多いです。

根元は、タンもととして出され、人気の部位です。

ビタミンA、ビタミンB₂、鉄、タウリンを多く含み、栄養価が高い部位です。

気にならなければ皮も取り除かずに食べても大丈夫です。

豚タンの食感・味

続いて、豚タンの食感と味です。

食感は、コリコリしていて歯ごたえがあります。

味は、あっさりしていて上品ですが、ほどよいうま味があります。

薄切りで出されることが多いですが、鮮度が高ければ厚切りでも歯切れよく食べることができます。

豚タンのおいしい食べ方

豚タンだけでも十分においしいので、シンプルな味付けがおすすめです。

塩ダレ、塩コショウ、甘口ダレでシンプルに食べたいです。

豚タンのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、唐揚げ、煮込み料理などもおすすめです。

お酒は、ビール、日本酒、ワインなら白ワインがおすすめです。

・焼酎

豚タンのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「レア」で、表面はカリカリに中心部はジューシーな味わいになるように焼くのがおすすめです。

中心部まで火を通す時は、遠火でじっくりと焼くのがいいでしょう。

焼き過ぎは固くなって、せっかくの豚タンのコリコリした食感がなくなってしまうので注意しましょう。

豚タンの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、少ない脂肪とあっさりしていて栄養価の高い豚タンの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

豚タンの部位は、豚の舌で長さは約15cm、牛タンに比べると小さく、先端より根元のほうが柔らかく脂肪が多いです。

ビタミンA、ビタミンB₂、鉄、タウリンを多く含み栄養価が高く、タンもとは人気の部位です。

おすすめの焼き方は、「レア」で、表面はカリカリに中心部はジューシーに焼くのがポイントです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント