豚レバーの部位とおいしい食べ方・焼き方は?鉄分が豊富で低脂肪!

スポンサーリンク

豚レバーは、豚の肝臓で、鉄分が特に豊富な低脂肪・高タンパクが魅力の部位です。

牛のレバーと比べると多少クセがありますが、豚肉の中でも大変栄養価の高い部位になります。

豚レバーの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、鉄分が豊富で低脂肪・高タンパクが魅力の豚レバーの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

豚レバーの部位

豚レバーの部位は、豚の肝臓で、低脂肪・高タンパクが特徴です。

豚肉の中でも大変栄養価の高い部位で、ビタミンA・B1・B2・D・鉄分が豊富に含まれ、特に鉄分はレバー50gで成人男子が1日に必要な摂取量に達します。

牛のレバーと比べるとクセがあり好みが分かれますが、鮮度が高いほどこのクセも少ないといわれています。

それだけに下処理が重要になりますが、クセが強い場合は、タレで和らげて食べるのがいいでしょう。

豚レバーの食感・味

続いて、豚レバーの食感と味です。

豚レバーの食感は、柔らかくて、サクッと噛み切れてレバー独特の歯触りと舌触りがあります。

味は、ほんのりとした甘味とコクがあります。

豚レバーのおいしい食べ方

味付けは、豚レバーのクセを考えると、やはり甘口ダレや塩ダレなどのタレがおすすめです。

クセが気にならない場合は、塩コショウでシンプルに味わうのもいいでしょう。

豚レバーのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、ソテー、炒め物、揚げ物などにも使われます。

また、ペーストにするのもおすすめです。

お酒は、ビール、日本酒、焼酎、ハイボールなどがおすすめです。

豚レバーのおいしい焼き方

焼き方は、「レア」で食べるのがおいしいとされていますが、やはり十分に火を通してからのほうが安心でしょう。

焼肉店にも確認してみるのがおすすめです。

焼き過ぎるとパサパサになってしまうので、気をつけて下さい。

豚レバーの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、鉄分が豊富で低脂肪・高タンパクが魅力の豚レバーの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

豚レバーの部位は、豚の肝臓で、低脂肪・高タンパクで豚肉の中でも栄養価の高いが特徴です。

牛のレバーと比べるとクセがありますが、鮮度と下処理によってこのクセも少ないといわれています。

焼き方は、「レア」がおいしいとされていますが、やはり十分に火を通してからのほうが安心です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント