テールの部位とおいしい食べ方・焼き方は?いいダシが出て濃厚なコク

スポンサーリンク

テールというと、テールスープをイメージする方も多いかと思いますが、コクのある濃厚な味わいが魅力の部位です。

スープの出し汁として使用されることが多く焼肉として食べる機会は少ない部位かもしれませんが、ぜひ試してみたいです。

テールの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、いいダシが出て濃厚なコクが魅力の牛テールの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

テールの部位

テールの部位は、牛の尻尾にあたる部分です。

よく動く場所なので筋っぽくて固いですが、コクのある濃厚な肉の味わいが特徴の部位でうま味が詰まっています。

牛1頭から約100gほどしか取れない希少部位です。

別名で、「ヒップ」「シッポ」と呼ばれ、韓国語では「コリ」といいます。

焼肉店では、骨付きと骨から外して出す店に分かれ、多くの店ではスープの出し汁として使用されることが多いでしょう。

関節が連なっているので、関節単位で切ってから料理することが多い部位です。

また、コラーゲンやタンパク質を豊富に含んでいるため、美肌効果が期待されて女性からも人気があります。

テールの食感・味

続いて、テールの食感と味です。

食感は、上述したように基本的には固めで筋っぽいです。

味は、コクがあって濃厚でうま味があります。

テールのおいしい食べ方

テールは、さまざまな味付けで楽しむことができます。

塩ダレでテールの濃厚なうま味を楽しむのもよし、わさび醬油やニンニク醬油でテール本来の味を楽しむのもよし、いろいろ試してみるのも楽しいでしょう。

テールの濃厚な味わいを楽しみましょう。

テールのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外に、煮込み料理やいいダシが出るのでテールスープなどスープ料理にも使われます。

牛タンには、テールスープが黄金コンビです。

お酒は、ビールの他、赤ワインならしっかりしたタイプ、焼酎もテールの濃厚さに負けないコクのあるタイプがおすすめです。

テールのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「レア」ですが、骨付きの場合はじっくりと焼くのがいいでしょう。

脂身や筋が多い部位なので、強火でしっかり焼き上げるとおいしく焼き上がると思います。

骨から外している場合は、表面をカリカリに焼いて食べるのがおすすめです。

テールの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、いいダシが出て濃厚なコクが魅力の牛テールの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

テールの部位は、牛の尻尾にあたる部分で、コクのある濃厚な肉の味わいが特徴の部位です。

おすすめの焼き方は、「レア」ですが、じっくり焼いてもおいしく食べることができます。

テールは、いいダシが出るのでテールスープが有名ですが、テールならではの濃厚なコクを味わうなら焼肉がおすすめです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント