ブリスケの部位とおいしい食べ方・焼き方は?噛むほど出るうま味!

ブリスケは、牛肉の肩バラ肉の一部ですが、噛めば噛むほど出る濃厚なうま味が魅力の部位です。

カットによっては、最上級の赤身肉になるという通好みの部位ともいえます。

ブリスケの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、噛めば噛むほど出る濃厚なうま味が魅力のブリスケの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

ブリスケの部位

牛肉のブリスケは、肩バラ肉の一部で前脚の内側、胸にあたる部位で、三角バラの下側にあり、人間でいうと胸のあたりになります。

肉質はきめ細かく、多くのブリスケは赤身と脂が半分ぐらいです。

脂を処理することによって、中には赤身のみのブリスケもあり大変希少な部位といわれています。

ここはお店のカットの技術が出るところです。

別名で他に、「肩バラ」、「あばら」、「コーネ(コウネ)」などと呼ばれています。

 

ブリスケの食感・味

続いて、ブリスケの食感と味です。

ブリスケは、呼吸の度に動く部位のため筋肉が発達しており、食感はやや固くしっかりした歯ごたえがあり筋っぽい印象です。

味は、脂も含めて濃厚な風味があり、噛めば噛むほどうま味が出てきます。

ただ、脂の酸化が進むとニオイが気になってくることがあるので注意が必要です。

ブリスケのおいしい食べ方

 

濃厚な味なので、さっぱりした味付けの塩ダレやわさび醬油がおすすめです。

甘口ダレと合わせるのもいいでしょう。

ブリスケのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、カレーやシチューにもよく使われています。

ブリスケのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアム」がおすすめです。

赤身だけの場合は、軽く火を通すぐらいで十分ですが、脂を含む割合によって焼く時間を長くしていくのがいいでしょう。

ブリスケに合うお酒

・ビール

・濃厚な味に負けないようなワインがおすすめ(赤ワインなら、しっかりしたボルドー系、白ワインならシャルドネなど)

・日本酒もしっかりしたタイプがおすすめ

ブリスケの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、噛めば噛むほど出る濃厚なうま味が魅力の牛肉のブリスケの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

牛肉のブリスケは、肩バラ肉の一部で前脚の内側、胸にあたる部位で三角バラの下側になります。

おいしい焼き方は、「ミディアム」で、味付けは、濃厚な味なのでさっぱりした塩ダレやわさび醬油がおすすめです。

脂の処理によって、赤身のみのブリスケもあり、これは希少部位になり、噛めば噛むほど出る濃厚なうま味が魅力です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント