ヒレの部位とおいしい食べ方・焼き方は?高級で牛肉で最も柔らかい

ヒレは、”肉の女王”といわれており、牛肉の中で最も柔らかい部位です。

高級な部位だけあって、お値段もそれ相応のものとなっています。

そんなヒレの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、牛肉の中で最も柔らかいヒレの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

ヒレの部位

牛肉のヒレは、サーロインの内側の細長い部位で、牛の部位の中で圧倒的に運動量が少ないため、最も柔らかい部位です。

脂肪が少なく、キメが細かいので大変食べやすく上品なので人気がありますが、牛1頭あたりに3%ほどしかない非常に高級な希少部位です。

また、カルパッチョなど生で食べることもあり、それでも十分においしいです。

別名で他にも「ヘレ」、「フィレ」、「テンダーロイン」などと呼ばれることもあり、「肉の女王」と称されます。

 

ヒレの食感・味

続いて、ヒレの食感と味です。

ヒレの食感は、とにかく柔らかく肉質はきめ細かく舌触りもまろやかです。

赤身は、ほんのりとしたクセのない甘みも感じられます。

ヒレのおいしい食べ方

最もおすすめなのはやはり「ステーキ」で、厚くても柔らかく、口の中でと肉汁があふれ出し、その柔らかさと舌触りは絶品です。

1㎝以上の厚さで焼いたほうがおいしく食べられます。

味付けは、塩コショウ、醬油、甘口ダレで、どれもなるべく最小限にとどめて、ヒレ肉本来の味を楽しむのがポイントです。

醬油は、わさびでさっぱりと味付けしましょう。

おいしい食べ方は、焼肉・バーベキュー、ステーキの他にローストビーフ、カルパッチョなどもおすすめです。

ヒレのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「レア」で、あまり火を通さないように焼き上げるのがおすすめです。

火の通りが非常にいい部位なので、表面を軽く焼いたらあとは低温で焼き、中まで火を通さないよう柔らかさを保つのがポイントです。

ヒレに合うお酒

・赤ワインならブルゴーニュタイプがおすすめ

・白ワインならソーヴィニヨン・ブランタイプがおすすめ

・日本酒なら純米大吟醸がおすすめ

ヒレの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、牛肉の中で最も柔らかいヒレの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

牛肉のヒレは、サーロインの内側の細長い部位で、牛肉の部位の中で最も柔らかい部位です。

おすすめの焼き方は、「レア」で、表面を軽く焼いたら中まで火を通さないように焼き上げるのがポイントです。

とにかく柔らかい食感が最大の特徴なので、味付けも最小限にとどめるのがいいでしょう。

高級な部位なので、記念日などの特別な日に楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント