シマチョウの部位とおいしい食べ方・焼き方は?脂が多いが食べやすい

シマチョウは、牛の大腸で噛みごたえがあり脂が多いですが、あっさりした食べやすさが特徴の部位です。

ホルモンを代表する部位で、焼肉店の実力が出るともいわれています。

シマチョウの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、脂が多いのにあっさりした食べやすさが特徴の牛肉のシマチョウの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

シマチョウの部位

シマチョウの部位は、牛の大腸で、脂肪が多くプリプリとした噛みごたえがあるのが特徴ですが、小腸より脂肪がやや少なく厚みがあります。

それでもあっさりした食べやすさがあるため、量もいけます。

処理が大変な部位なので、シマチョウがおいしい焼肉店は、他の部位もおいしい可能性が高いです。

また、シマチョウから脂を取り除いた腸壁だけの薄い肉は、脂1/2~2/3ほどを捨ててしまうため、かなり希少部位となりますが、脂がないのでさっぱりした味わいでさらにヘルシーです。

シマチョウの由来・別名

シマチョウの名前の由来は、表面がしましま模様に見えることからこの名前がつきました。

シマチョウには、「ダイテツ」、「ダイチョウ」、「ホルモン」、「ラージインテスティン」などの別名があり、韓国語では、「テッチャン」とも呼ばれています。

シマチョウの食感・味

続いて、シマチョウの食感と味です。

クニャクニャとした独特の食感があり、小腸よりも厚みがあるのでとても噛みごたえがあります。

味は、脂の甘味が濃厚ですが、割とさっぱりしています。

シマチョウのおいしい食べ方

味付けは、甘口ダレや塩ダレで、濃厚さを楽しむのがおすすめです。

変化球で醬油ダレもありで、濃厚ながらやや和風な味わいになります。

シマチョウのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、煮込み料理などにもおすすめです。

シマチョウのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」で、脂の面を上にして表面はしっかり焼き上げて、中の脂が溶け出し透明になった時がおすすめの食べ頃です。

甘い脂が多いシマチョウは皮の面から先に焼き、焦げ付かないようによく見ておきましょう。

また、火が上がりやすいので火事には十分に注意しましょう。

脂が苦手な方は、中までよく火を通して脂を落としてから食べるといいでしょう。

タレの場合は、脂をふんわりと焼き上げるために、こまめにひっくり返しながら焼くのがおすすめです。

一方、塩ダレの場合は、脂側をカリッとしっかり焼き上げ、皮側は軽めに焼いたほうが皮の食感を損なわずにさらにおいしく食べられます。

シマチョウに合うお酒

・ビール

・ワインなら、白ワインのすっきりしたタイプ

・日本酒

・焼酎

シマチョウの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、脂が多いのにあっさりした食べやすさが特徴の牛肉のシマチョウの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

シマチョウの部位は、牛の大腸で、脂肪が多く噛みごたえがありますが、あっさりして食べやすいのが特徴です。

おすすめの焼き方は、「ミディアムレア」で脂の面を上にして表面はしっかり焼き上げ、中の脂が溶け出し透明になった時がおすすめの食べ頃ですが、脂が多いので焦げ付きに注意しましょう。

タレの場合は、こまめにひっくり返しながら焼き、塩ダレの場合は、脂側をカリッとしっかり焼き上げ皮側は軽めに焼き上げるのがおすすめです。

焼肉店の実力が出る部位ともいわれているので、シマチョウがおいしい焼肉店はいい焼肉店と思っていいでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント