シキンボウの部位とおいしい食べ方・焼き方は?赤身のうま味が魅力

スポンサーリンク

シキンボウは、牛肉の部位の中でもあまり聞いたことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そとももの内側の弾力ある肉で、しっかりした肉質としまった赤身のうま味が魅力の部位です。

シキンボウの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、しまった赤身のうま味が魅力の牛肉のシキンボウの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

シキンボウの部位

牛肉の後ろ足のももの外側の肉が外ももで、最も運動する筋肉が集まっている部位です。

外ももは、シキンボウ、なか肉ハバキの3つ分けられますが、シキンボウは外ももの中でも内側の部位です。

シキンボウは、脂肪が少なく、肉質はきめがやや粗く、繊維が多いので弾力があります。

シキンボウの由来

シキンボウの名前の由来は、形が金の延べ棒に似ていることから、この名前が付けられたといわれています。

なんともユニークな由来です。

関西では「マクラ」とも呼ばれています。

 

シキンボウの食感・味

続いて、シキンボウの食感と味です。

食感はきめが粗く繊維が多いためやや硬めで、噛み応えがあります。

ほどよく霜降りが入っているため、ウチモモに比べ、甘い味わいがあります。

シキンボウのおいしい食べ方

塩ダレ、わざび醬油、甘口ダレなどで、さっぱりとした味付けで食べるのがおすすめです。

シキンボウのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、スライスしてしゃぶしゃぶ、あるいはローストビーフ、煮込み料理などもおすすめです。

シキンボウのおいしい焼き方

シキンボウのおいしい焼き方は、薄切りにして、「レア」で、表面をさっとあぶる程度がおすすめです。

塊の場合は、しっかり焼くと焦げた脂とカリカリした食感が楽しめて、肉のうま味が増します。

どちらの焼き方も試してみるのもおもしろいでしょう。

シキンボウに合うお酒

・ビール

・ワインなら、赤ワインのボルドー系

・日本酒なら冷がおすすめ

・焼酎

シキンボウの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、しまった赤身のうま味が魅力の牛肉のシキンボウの部位とおいしい食べ方・焼き方などについてまとめました。

シキンボウは、なか肉、ハバキとともに牛肉の外もものひとつですが、その中でも内側の部位です。

おすすめの焼き方は、薄切りにして「レア」で、食べ方は、塩ダレ、わざび醬油、甘口ダレなどでさっぱりとした味付けで食べるのがいいでしょう。

シキンボウは脂肪が少なく赤身のうま味が魅力なので、ヘルシーな部位ともいえるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント