ササバラの部位とおいしい食べ方・焼き方は?脂はあるがくどさがない

スポンサーリンク

ササバラは、その名の通り牛肉のバラ肉の一部です。

脂はあるのにくどさがないというおもしろい部位で食べやすく、しかも希少部位になります。

ササバラの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんなものがあるでしょうか?

今回は、脂はあるのにくどさがないササバラの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

ササバラの部位

牛肉のバラ肉の中で腹側にあるバラ肉を外バラといいますが、ササ肉はその外バラに位置し、ササバラは、ももの付け根側の部位になります。

一頭の牛からとれる量も少なく、希少部位に入ります。

肉質はキメが細かく、赤身とサシのバランスが大変いいです。

脂が多いように見えますが、バラ肉の中では比較的さっぱりしています。

ササバラは別名で「ササミ」とも呼ばれ、名前の由来は形が「笹の葉」に似ていることからきているといわれています。

ササバラの食感・味

食感は、肉が繊維質で柔らかく、サクサクとしています。

たっぷりサシが入っているように見えていながらも、その脂はくどさがなくさっぱりしており、脂っこさがありません。

脂の甘みと肉のうま味が口の中いっぱいに広がります。

一般的なカルビと比べるとしつこさがなく、比較的さっぱりしていますので食べやすい部位といえるでしょう。

ササバラのおいしい食べ方

続いて、ササバラのおいしい食べ方です。

ササバラは焼肉で食べるのが最もおすすめですが、塊で焼いてもおいしいです。

わさび醤油、甘口ダレ、にんにく醤油との相性が良く、軽めに肉のうま味を楽しむ味付けがおすすめです。

お酒は、ビール、焼酎、赤ワインならボルドー系などしっかりしたタイプ、日本酒なら辛口タイプがおすすめです。

ササバラのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」で、表面を強火でカリッと焼いて、中まで軽く火を通し、中心に生っぽさが残っている状態が柔らかくておすすめです。

火を通しすぎると固くなるので注意が必要です。

ササバラの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、脂はあるのにくどさがないササバラの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

バラ肉の中でも腹側にあるバラ肉を外バラといいますが、ササバラの部位はササ肉はその外バラに位置し、ももの付け根側になります。

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」で、焼肉で食べるのが最もおすすめです。

脂はあるのにくどさがない希少部位なので、ぜひお試しになってみて下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント