タテバラの部位とおいしい食べ方・焼き方は?牛肉で最もうま味が濃厚

スポンサーリンク

タテバラは、「上カルビ」や「特上カルビ」としても出される、牛肉の中でも最もうま味が濃厚な部位です。

いかにも焼肉といったイメージですが、タテバラの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんなものがあるのでしょうか?

今回は、牛肉の中でも最もうま味が濃厚な部位のタテバラの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

タテバラの部位

牛肉のタテバラは、「並カルビ」とも呼ばれていますが、バラとはあばら骨をいい、あばら骨周辺の肉の総称がバラ肉です。

呼吸をする時に常時動いている筋肉なので、きめが細かく、脂肪がとても多いのが特徴です。

そのため家庭用のフライパンなどで焼くのが難しく、逆に網焼きの時には大変おいしく食べられます。

焼肉店によって「カルビ」「上カルビ」「特上カルビ」など区分が異なりますが、食感が柔らかく、サシの量が多いものに上や特上が付く傾向があります。

また、タテバラは別名で、「トロカルビ」ともよばれています。

 

タテバラの食感・味

続いて、タテバラの食感・味です。

食感はやや固めですが、上質なものほど柔らかいです。

味は、脂が多いので甘く、牛肉の中でも最もうま味が濃厚です。

タテバラのおいしい食べ方

味付けは、こってりした甘口ダレがおすすめです。

他には塩ダレや醬油ダレで、醬油はわさび、辛子、にんにくと幅広く合うので、お好みで選んで大丈夫です。

脂が気になる方は、焼肉・バーベキュー以外では薄切りにしてしゃぶしゃぶで食べてもおいしいです。

タテバラのおいしい焼き方

タテバラのおいしい焼き方は、「ミディアム」で、しっかり火を通して焼くのがおすすめです。

脂が多いので、それもいっしょに焼くようなイメージがいいでしょう。

タテバラに合うお酒

・ビール

・ワインなら、しっかりした赤ワインのボルドー系

・日本酒もしっかりしたタイプがおすすめ

タテバラの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、牛肉の中でも最もうま味が濃厚な部位のタテバラの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

バラとはあばら骨をいい、あばら骨周辺の肉の総称がバラ肉で、タテバラの部位もここになります。

タテバラは、「並カルビ」と呼ばれていますが、焼肉店によっては「カルビ」「上カルビ」「特上カルビ」など店独自に呼び名が決められています。

脂肪・筋・膜が多く、食感はやや固めです。

おすすめの焼き方は、「ミディアム」で、カジュアルに楽しむのがおすすめの部位です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント