センボンの部位とおいしい食べ方・焼き方は?濃厚なうま味が魅力!

スポンサーリンク

センボンは、牛一頭からわずか数百グラムしかとれない希少部位で、濃厚なうま味が魅力の部位です。

名前からは筋っぽい感じがしますが、柔らかくてさまざまな用途に用いられています。

センボンの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、濃厚なうま味が魅力のセンボンの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

センボンの部位

後ろ足のももの外側の肉が外ももで、最も運動する筋肉が集まっている部位です。

外ももは、シキンボウなか肉ハバキに分けられますが、センボンの部位はハバキの中心部に位置しています。

ハバキは、外ももの中でもお尻に近く、大腿骨と頸骨の関節を覆う部位です。

センボンは、筋が入り乱れているので「千本筋」ともいわれ、牛一頭から2本、500~600gしかとれない希少部位です。

ゼラチン質が多く、焼肉の他に煮込みやシチューなどに使われています。

センボンの食感・味

続いて、センボンの食感と味です。

センボンの食感は、ホルモンのシロのようで、ゼラチン質が多いので煮込むとトロトロになります。

最初は歯ごたえがありますが簡単に噛み切れて、濃厚なうま味があります。

センボンのおいしい食べ方

ゼラチン質のうま味を楽しむなら塩ダレ、肉の食感を楽しむなら甘口ダレ、他にわさび醬油がおすすめです。

センボンのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、煮込み料理などがおすすめです。

お酒は、ビール、赤ワインは幅広く、その他にも白ワインやスパークリングワインもおすすめです。

センボンのおいしい焼き方

センボンのおいしい焼き方は、「ミディアム」で、しっかり中心部まで火を通して食べるのがおすすめです。

ゼラチン質が溶けるとジューシーなうま味が楽しめます。ただし、焼き過ぎには注意しましょう。

センボンの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、濃厚なうま味が魅力のセンボンの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

外ももは、シキンボウ、なか肉、ハバキに分けられますが、センボンの部位はハバキの中心部で、他に筋が入り乱れているので「千本筋」ともいわれ、牛一頭から2本、500~600gしかとれない希少部位です。

おいしい焼き方は、「ミディアム」で、ゼラチン質が多く、焼肉の他に煮込みやシチューなどいろいろな料理に使われています。

ぜひ、お試しになってみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント