なか肉の部位とおいしい食べ方・焼き方は?ヘルシーで柔らかめの赤身

スポンサーリンク

なか肉は、牛肉のそとももの外側にあるヘルシーで柔らかめの赤身肉です。

なか肉というからには中心の部位のようにも思いますが、そうでもありません。

なか肉の部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、ヘルシーで柔らかめの赤身が魅力のなか肉の部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

なか肉の部位

牛肉の後ろ足のももの外側の肉がそとももで、最も運動する筋肉が集まっている部位です。

牛肉の外ももは、シキンボウ、なか肉、ハバキの3つに分けられますが、なか肉は外ももの中でも外側の部位です。

なか肉の肉質は外ももの中で比べるときめが細かいほうで、ヘルシーでありつつも赤身の濃厚なうま味を楽しめる部位です。

 

なか肉の食感・味

続いて、なか肉の食感と味です。

食感は、筋肉があるのでかためで歯ごたえがあり、赤身が多く脂肪が少ないのでヘルシーです。

赤身は、味わいは濃厚でやや甘味がありますが、独特のクセがあり、好みが分かれることもあります。

シキンボウより柔らかく上品な感じです。

なか肉のおいしい食べ方

焼肉なら薄切りで、塊でローストも向いています。

タレは、わさび醬油で赤身の味を楽しむのが最もおすすめですが、甘口ダレや塩ダレもおいしいです。

なか肉のおいしい食べ方は焼肉・バーベキュー以外にも、すき焼きや煮込み、炒め物などにも多く使われます。

なか肉のおいしい焼き方

なか肉は火を通すと固くなりやすい部位なので、おいしい焼き方は「レア」で、表面をあぶる程度がおすすめです。

生が苦手という方は、「ミディアムレア」でもいいでしょう。

柔らかいうちに食べたいので、中まではあまり火を通さず、焼き過ぎに注意しましょう。

なか肉に合うお酒

・ビール

・ワインなら、赤ワインのブルゴーニュタイプがおすすめ

・日本酒なら芳醇な吟醸酒系がおすすめ

なか肉の部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、ヘルシーで柔らかめの赤身が魅力の牛肉のなか肉の部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

牛肉のなか肉の部位は、シキンボウ、なか肉、ハバキの3つに分けられる、外ももの中でも外側の部位で、赤身が多く脂肪が少ないのが特徴です。

焼き方は表面をあぶる程度の「レア」がおすすめで、食べ方もバラエティに富んでいて用途は広いです。

脂肪が少なくヘルシーな部位なので、ダイエット中の方にもいいかもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント