メガネの部位とおいしい食べ方・焼き方は?柔らかさと赤身肉のうま味

スポンサーリンク

牛肉のメガネは、牛の臀部の骨盤の周りにある部位で、ハラミのような柔らかさと赤身肉のうま味をもった希少部位です。

なんともユニークな名前の部位ですが、なかなかお目にかかれない貴重な部位です。

メガネの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、柔らかさと赤身肉のうま味が特徴のメガネの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

メガネの部位

牛肉のメガネは、牛の臀部の骨盤の周りにある部位で、ハラミのような柔らかさと赤身肉のうま味の両方をもった希少部位です。

希少部位ということもあり1頭から取れる量もあまり多くないため、焼肉には最適な部位にもかかわらず残念ながらあまり流通していません。

なので、出会えたらかなり運がいいと思ってすぐに試してみたい部位です。

メガネの由来

メガネの名は、切り出した形が眼鏡のメガネのフレームに似ている事から付けられました。

骨盤がフレームで肉がレンズの部分に当たります。

メガネの食感・味

続いて、メガネの食感と味です。

味と柔らかさは、ハラミに似ていますが、脂の甘みもしっかり味わうことができます。

赤身のうま味を持ち合わせています。

メガネのおいしい食べ方

味付けは、甘口ダレで、こってりと味わうのがおすすめですが、塩ダレで、肉本来の味を楽しむのもいいです。

醬油なら、西洋わさび、辛子、にんにくなどを付け加えるといいです。

お酒は、ビール、ワインなら赤ワインのしっかりとしたタイプ、日本酒や焼酎もしっかりしたタイプがおすすめです。

メガネのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」で、表面は強火でカリッと焼きあげて、脂のうま味を中に閉じ込めて逃がさないように焼くのがおすすめです。

脂が溶けるのをじっくり待って食べましょう。

メガネの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、柔らかさと赤身肉のうま味が特徴の牛肉のメガネの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

牛肉のメガネは、牛の臀部の骨盤の周りにある部位で、ハラミのような柔らかさと赤身肉のうま味の両方をもった希少部位です。

おすすめの焼き方は、「ミディアムレア」ですが、しっかり脂が溶けてから食べるのがポイントです。

希少部位ということもあり、あまり目にすることはないと思いますので、見つけたらすぐ試してみたい部位です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント