ウルテの部位とおいしい食べ方・焼き方は?コリコリした食感が魅力

ウルテは、牛の気管の軟骨でコリコリした食感が魅力のユニークな部位です。

しかし、同じ軟骨でもウルテは他の軟骨とはひと味違ったおもしろさがあります。

そんなウルテの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、コリコリした食感が魅力の牛肉のウルテの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

ウルテの部位

ウルテの部位は、喉の気管にある軟骨で、牛1頭からあまり取れない希少部位です。

ウルテは、韓国語で気管という意味があり、別名で「フエガラミ」とも呼ばれています。

かなり固い部位で、そのままでは食べられないので、切り込みを入れて食べやすくして焼肉などで出されます。

最大の特徴は、コリコリした食感で、肉自体の味よりこの食感が最高というユニークな部位です。

お酒の好きな方には、この食感でお酒のつまみに大変適しているといわれています。

ウルテの食感・味

食感は、上述したように固くコリコリしており、焼き上げるとさらに独特なものになります。

味はさっぱりしており、コクもありません。

あくまでも食感のユニークさを味わう部位で、お酒のつまみには最適な部位といえるでしょう。

ウルテのおいしい食べ方

続いて、ウルテのおいしい食べ方です。

味付けは、肉の食感を素直に楽しむなら塩ダレ、濃厚な味わいで楽しむなら醬油ダレや味噌ダレがおすすめです。

ウルテのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ウェルダン」で、カリカリによく焼き上げて食べるのがおすすめです。

コリコリした食感がより楽しめます。

ウルテに合うお酒

・ビール

・焼酎

・日本酒

・ハイボール

ウルテの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、コリコリした食感が魅力の牛肉のウルテの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

ウルテの部位は、喉の気管にある軟骨で希少部位ですが、かなり固くコリコリした食感で肉自体の味よりこの食感を楽しみたいユニークな部位です。

おすすめの焼き方は、「ウェルダン」で、カリカリによく焼き上げるとコリコリした食感がより楽しめます。

ウルテは食感が命ともいえる珍しい部位といえます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント