エンピツの部位とおいしい食べ方・焼き方は?肉と脂のうま味が共存!

スポンサーリンク

牛肉の部位の中でもエンピツという部位は聞いたことがないという方も多いのではないでしょうか?

エンピツは、1頭からわずかしか取れない肉と脂のうま味が共存している希少部位です。

エンピツの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方はどうなのでしょうか?

今回は、肉と脂のうま味が共存しているエンピツの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

エンピツの部位

牛肉のエンピツは、リブロース芯の近くにほんのわずかにある希少部位で、細長い形で、えんぴつの先に似ていることからこの名がつきました。

1頭からわずかしか取れないため、焼肉店でもなかなか見ることができません。

そのため、お値段もそれなりにしますが、それ以上の満足感を得られることでしょう。

リブロースに共通しているきめ細かい肉質で、肉と霜降りのバランスがよく、肉と脂のうま味が共存しています。

エンピツの食感・味

続いて、エンピツの食感と味です。

柔らかい食感で、厚切りにすると弾力性が出て食べごたえがあります。

しつこさもなく、あっさりとした味わいなので、女性にも食べやすいでしょう。

エンピツのおいしい食べ方

味付けは、醬油、甘口ダレなどのタレや、きめ細かい肉質を味わうには塩コショウやワサビ醬油などさっぱりした味付けが合います。

エンピツのおいしい食べ方としては、焼肉・バーベキュー以外にも、すき焼きやしゃぶしゃぶなどにおすすめです。

お酒は、ビール、日本酒、焼酎、ワインなら、赤ワインならブルゴーニュ系などがおすすめです。

エンピツのおいしい焼き方

エンピツのおいしい焼き方は、「レア」で、強火で表面だけサッと焼いて食べるのがおすすめです。

厚切りの場合は、強火で表面を焼いた後、軽く中心部まで火を通すのがいいでしょう。

エンピツの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、肉と脂のうま味が共存している牛肉のエンピツの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

牛肉のエンピツは、リブロース芯の近くにほんのわずかにある希少部位で、細長い形で、えんぴつの先に似ていることからこの名がつきました。

肉と脂のうま味が共存している部位で、焼き方は「レア」で、強火で表面だけサッと焼いて食べるのががおすすめです。

めったに出会うことがない部位ですが、見つけたらぜひ試してみたい部位です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント