牛テッポウの部位とおいしい食べ方・焼き方は?脂肪もクセも少ない!

スポンサーリンク

牛テッポウとは、何とも言えない名前ですが、ホルモンの中でも低脂肪・低カロリーでクセも少ない部位です。

独特の食感があって、嚙み切れそうでなかなか嚙み切れないというのも牛テッポウユニークな一面といえます。

牛テッポウの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、低脂肪・低カロリーでクセも少ない牛テッポウの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

牛テッポウの部位

牛テッポウの部位は、牛の直腸で、筋肉が発達している部位なので脂肪が少なく肉厚です。

牛の腸は、胃から肛門に向かって順番に、マルチョウ(小腸・ヒモ)、シマチョウ(大腸)、テッポウ(直腸)となり、胃から遠くなるほど弾力性があって脂肪が少なく低カロリーで肉厚になる傾向があります。

なので、牛テッポウは低脂肪・低カロリーでヘルシーな部位といえます。

直腸という場所を想像するとニオイが気になりますが、きちんと下処理をされた牛テッポウはくさみも気になりません。

焼肉店でもあまり見かけることがない希少部位だけに、見つけたら即、食べてみたい部位です。

牛テッポウの名前の由来と別名

牛テッポウとはユニークな名前ですが、切り開いて伸ばした形が鉄砲の銃床によく似ていることが由来となっています。

他にも別名で、「ケツ」「オカマ」とも呼ばれています。

牛テッポウの食感・味

続いて、牛テッポウの食感と味です。

厚くてクニャクニャとした独特の食感があり、嚙み切れそうでなかなか嚙み切れないのがクセになるという人もいます。

味は、クセもなく淡白です。

牛テッポウのおいしい食べ方

さっぱりした味わいでもいけますが牛テッポウは淡白なので、タレで濃い目の味付けをして食べるのがおすすめです。

甘口ダレや塩ダレ、味噌ダレなどが向いています。

牛テッポウのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、煮込み料理などがおすすめです。

また、ソーセージの表面にも使われています。

牛テッポウのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ウェルダン」で、焦がさず焼きすぎない程度がおすすめです。

焼いていると少しずつ縮んでいくのを見るのもおもしろいです。

牛テッポウに合うお酒

・ビール

・白ワインでもしっかりしたタイプ

・焼酎

・ハイボール

牛テッポウの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、低脂肪・低カロリーでクセも少ない牛テッポウの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

牛テッポウの部位は、牛の直腸で、低脂肪・低カロリーでクニャクニャとして嚙み切れそうでなかなか嚙み切れない食感が特徴の部位です。

おすすめの焼き方は、「ウェルダン」で、焦がさず程度に焼き上げるのがポイントです。

希少部位なので、見つけたら即、食べてみましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント