リブキャップの部位とおいしい食べ方・焼き方は?牛肉で最高の美しさ

スポンサーリンク

リブキャップは、リブロースの背中側の肉で、見た目は牛肉の中でも最高の美しさを持っています。

希少度も高く、高級牛肉とされる部位です。

リブキャップの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、牛肉の中でも最高の美しさを持つリブキャップの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

リブキャップの部位

リブロースの部位は、肩ロースとサーロインの間で、リブキャップはそのリブロースの最も背中側にあり、サーロインと並んで高級牛肉とされています。

別名で他に、「リブカブリ」とも呼ばれ、希少度が高い部位です。

霜降りになりやすく、きめが細かで見た目の美しさは牛肉のなかでも最高といわれます。

リブキャップの食感・味

続いて、リブキャップの食感・味です。

食感はサシが細かく入っているので、やや脂っぽさを感じることもあるでしょう。

味はほど良い甘味があり上品で濃厚ですが、脂が苦手な方はしつこく感じるかもしれません。

リブキャップのおいしい食べ方

脂が多いタイプなので、味付けは、サラッとした甘口ダレやわさび醬油・にんにく醬油がおすすめです。

他には塩ダレで、あっさりと味わうのもいいでしょう。

脂を抑えて食べたい場合は、薄切りのほうがおすすです。

リブキャップのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、ローストビーフ、しゃぶしゃぶなど肉本来の味が出る料理がおすすめです。

お酒は、ワインならフルボディのしっかりした赤ワイン、日本酒も同様にしっかりしたタイプがおすすめです。

リブキャップのおいしい焼き方

薄切りの場合は、「レア」で、強火で脂をよく溶かして食べるのがおすすめです。

厚切りの場合は、じっくり火を通して焼きましょう。

リブキャップの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、牛肉の中でも最高の美しさを持つリブキャップの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

リブロースの部位は、肩ロースとサーロインの間で、リブキャップはそのリブロースの最も背中側にあり、きめ細かく見た目の美しさは牛肉のなかでも最高の部位とされています。

おいしい焼き方は、薄切りの場合は、「レア」で、厚切りの場合は、じっくり火を通して焼くのがおすすめです。

ローストビーフ、しゃぶしゃぶなど肉本来の味が楽しめる食べ方が多いですが、脂を抑えて食べたい場合は、薄切りにするのがいいでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント