豚バラの部位とおいしい食べ方・焼き方は?濃厚なコクが魅力の定番

スポンサーリンク

豚バラは、濃厚なコクが魅力の豚焼肉の定番です。

こってりとしていてボリューム満点ですが、リーズナブルな価格がうれしい部位でもあります。

そんな豚バラの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、豚焼肉の定番で濃厚なコクが魅力の豚バラの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

豚バラの部位

豚バラの部位は、あばら骨の周囲の肉で、赤身と脂肪、皮が3層になっていることから三枚肉とも呼ばれています。

別名で「カルビ」、また、骨付きのバラ肉は、スペアリブと呼ばれています。

全体的に肉質は柔らかくて脂肪分が多く、コクとうま味があり、脂は白、赤身はピンク色になりやすいです。

ベーコンやラードにも使われ、韓国料理のサムギョプサルも豚バラを使っています。

沖縄ではソーキと呼ばれ有名ですが、煮込んだソーキをいれた沖縄そばをソーキそばといいます。

豚バラの食感・味

続いて、豚バラの食感と味です。

肉質は柔らかく、比較的しつこさがありませんが、脂肪以外の赤身肉はやや堅いです。

焼肉で脂が染み出た香ばしさも魅力で、コクとうま味があります。

豚バラのおいしい食べ方

 

豚バラは、甘口のタレで濃厚な味わいになります。

また、塩コショウで味付けすれば肉本来の風味を楽しむことができます。

豚バラのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、蒸し物、揚げ物、煮込み料理など幅広く使われている大変用途の広い部位です。

薄切りにしてソテーにして食べるのもおすすめです。

お酒は、ビール、日本酒、焼酎などがおすすめです。

豚バラのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」で焼くことによって、香ばしさが引き出され、表面のカリカリとした食感と中の柔らかさの対比が楽しめます。

じっくり焼いてもOKです。

豚バラの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、豚焼肉の定番で濃厚なコクが魅力の豚バラの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

豚バラの部位は、あばら骨の周囲の肉で、赤身と脂肪、皮が3層になっていることから三枚肉とも呼ばれ、また骨付きのバラ肉は、スペアリブと呼ばれています。

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」ですが、特徴としては肉質は柔らかく、脂肪分が多く、コクとうま味があります。

豚肉の定番中の定番で、蒸し物、揚げ物、煮込み、ベーコンなど幅広い料理に使われている大変用途の広い部位です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント