豚ホーデンの部位とおいしい食べ方・焼き方は?歯切れがよく柔らかい

スポンサーリンク

豚ホーデンは、ややマニアックな部位かもしれませんが、サクッと噛み切れる歯切れのよさと柔らかさが特徴の部位です。

希少度も高く扱っている焼肉店も少ないので、出会ったら試してみるのもおもしろいかと思います。

ホーデンの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、歯切れがよくて柔らかい豚ホーデンの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

豚ホーデンの部位

豚ホーデンの部位は、豚の睾丸で、ドイツ語のHodenが名前の由来です。

ラグビーボールのような楕円形をしており、大きさはグレープフルーツくらいとかなり大きめです。

1個約100~300gほどの重さで1個で3~4人前ほど取れますが、残念ながら取れる量の割にはメニューに載せている焼肉店は多くありません。

そういった意味では希少部位といえるので、興味のある方はぜひ試してみて下さい。

豚ホーデンの食感・味

食感は、正肉に近くフニャフニャした柔らかさとともにサクッと噛み切れる歯切れのよさがあり、鶏のももに似ているともいわれます。

味は、レバーに近いといわれ、匂いなどのクセも取れて食べやすくなります。

刺身でも食べられ好んで食べる方もいますが、クセが強く特に旨味があるというわけではないので抵抗を持つ方も多いことでしょう。

豚ホーデンのおいしい食べ方

続いて、豚ホーデンのおいしい食べ方です。

味付けはオーソドックスなタレがおすすめで、味付けでさまざまな楽しみ方ができます。

匂いが気になる場合は甘口ダレや辛口ダレなどの濃厚なタレ、逆にホーデン本来の歯切れよい食感や柔らかさを楽しむなら塩ダレがおすすめです。

豚ホーデンのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」~「ミディアム」で、火の通し方は割と幅広く考えていいでしょう。

表面はカリッと焼き上げるぐらいでもいいですし、心配な場合はしっかり中まで火を通してもおいしく食べられます。

このように豚ホーデンの焼き方はひとつに決まっているわけではないので、お好みに応じた焼き方で食べましょう。

豚ホーデンに合うお酒

・ビール

・日本酒なら辛口がおすすめ

・焼酎

・ハイボール

豚ホーデンの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、歯切れがよくて柔らかい豚ホーデンの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

豚ホーデンの部位は、豚の睾丸で、サクッと噛み切れる歯切れのよさと柔らかさが特徴です。

おすすめのの焼き方は、「ミディアムレア」~「ミディアム」で、好みに応じた焼き加減で楽しめます。

話のネタに使えて盛り上がるのは間違いなく、取れる量の割には扱っている焼肉店が少ない希少部位です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント