豚軟骨の部位とおいしい食べ方・焼き方は?酒のつまみにピッタリ!

スポンサーリンク

豚軟骨は、コリコリした食感が特徴ですが、焼き方で食感や味が変わるユニークな部位です。

お酒のつまみにもピッタリで、焼肉店では大人気です。

豚軟骨の部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、コリコリした食感が人気の豚軟骨の部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

豚軟骨の部位

豚軟骨の部位は、豚の気管とその先端部分までの総称で、下図のタンの右側でトントロの下側に位置しています。

豚の喉軟骨はお菓子のドーナッツのように肉の真ん中に穴が開いているので、ドーナッツとも呼ばれています。

豚1頭から数百グラムしか取れない希少部位ですが、安い値段で流通しています。

下処理には経験が必要になりますが、軟骨部分と赤身部分をうまく叩き切りします。

軟骨部分はコリコリした食感が楽しめ、他方、豚の脂の甘味や赤身部分は柔らかさとジューシーさの両方が楽しめますので食べ比べて違いを楽しむのもいいでしょう。

見た目はあまり栄養がなさそうにも見えますが、カルシウムを豊富に含んでいて栄養価は高い部位です。

豚軟骨の食感・味

続いて、豚軟骨の食感と味です。

食感は、上述したようにコリコリ感が軟骨ならではのもので人気があります。

味は軟骨部分と赤身部分で異なるとともに、焼き方でも変わってくるというユニークな部位です。

豚軟骨のおいしい食べ方

味付けは、塩などでシンプルに食べるかタレで濃厚に食べるかのどちらかでしょう。

豚軟骨の食感自体を楽しみたいなら塩や塩コショウでシンプルに食べるのがおすすめです。

逆に濃厚に味わうなら塩ダレがいいでしょう。

焼肉の他にも、フライパンで焼いてもいいですし、串に刺して焼き鳥としても楽しめます。

豚軟骨のおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」で、表面を軽く焼く程度なら柔らかく食べられます。

両面をカリッとするまで焼き上げれば、軟骨のコリコリした食感をより楽しむことができます。

焼き方次第で、食感や味が変わるので、いろいろと試してみるといいでしょう。

豚軟骨に合うお酒

・ビール

・ワインなら白ワインのシャルドネ系

・日本酒

・焼酎

・ハイボール

豚軟骨の部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、コリコリした食感が人気の豚軟骨の部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

豚軟骨の部位は、豚の気管とその先端部分までの総称で、豚1頭から数百グラムしか取れない希少部位です。

軟骨らしいコリコリした食感が人気ですが、赤身部分は柔らかくジューシーです。

おすすめの焼き方は、「ミディアムレア」ですが、焼き方次第で食感や味が変わるユニークな部位です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント