どての部位とおいしい食べ方・焼き方は?脂たっぷりの濃厚な味が特徴

スポンサーリンク

豚のどては、脂のうま味がたっぷりで濃厚な味が魅力ですが、豚一頭からわずかしか取れない希少部位です。

場所が場所だけにくさみが気になりますが、ホルモンファンの間では人気があります。

どての部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、脂たっぷりの濃厚な味が特徴のどての部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

どての部位

どての部位は、豚の肛門で、豚一頭からわずかしか取れない希少部位で1人前を作るためには豚2頭が必要になります。

そのため、見かけることはかなり少ない部位といえます。

脂肪が大変多く、脂たっぷりの濃厚な味が特徴です。

ホルモンファンの間ではこの脂の濃厚なうま味が人気で、ごはんやビールがどんどん進みます。

場所が場所なので、下茹でした下処理が不可欠です。

どての名前の由来

どての名前の由来はテッポウよりさらに厚く、その形状や見た目がドテッとしていることからきています。

あまり冴えた名前の由来ではないかもしれませんが、見ると確かにドテッとしています。

どての食感・味

どての味は、上述したようにとにかく脂っぽくて濃厚です。

軽く炙った時には脂が甘くてジューシーな味わい、しっかり焼いた時にはパリパリした食感と、ひとつの部位で2種類の味を楽しむことができます。

どてのおいしい食べ方

続いて、どてのおいしい食べ方です。

どての臭みをなるべく消すためにも味付けも濃厚にするのがいいでしょう。

味噌ダレや甘口ダレ、醤油ダレ、辛味ダレなどをたっぷり付けてどての濃厚さに負けないようにすれば、最強タッグの完成です。

お酒は、ビール、日本酒・焼酎ならともにしっかりしたタイプがおすすめです。

どてのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ウェルダン」で、中心部までよく火を通して脂のうま味を楽しみましょう。

ジュージューと焼肉らしい音がしながら焼けますが、焼き過ぎて焦げることのないように注意が必要です。

どての部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、脂たっぷりの濃厚な味が特徴のどての部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

どての部位は、豚の肛門で、豚一頭からわずかしか取れない希少部位です。

おすすめの焼き方は、「ウェルダン」ですが、焼き過ぎて焦げることのないように気をつけましょう。

脂たっぷりの濃厚な味が特徴ですが、見かけることは稀だと思うので見つけたら逃さず食べてみたい部位です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント