豚ハラミの部位とおいしい食べ方・焼き方は?ジューシーな肉汁!

豚ハラミは、豚の横隔膜で、ジューシーな肉汁と柔らかさが魅力の低カロリーでヘルシーな部位です。

ホルモンの中でもクセや臭みがないので、大変人気があります。

豚ハラミの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、ジューシーな肉汁と柔らかさが魅力の豚ハラミの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

豚ハラミの部位

豚ハラミの部位は豚の横隔膜で、他に別名「ツナギ」とも呼ばれています。

牛の横隔膜に比べると小さく、豚1頭から取れる量は200g~400gくらいしかありません。

また、豚肉の場合は牛肉のようにハラミ、サガリと区別しないのが一般的です。

見た目は普通の赤身肉のように見え、脂肪が少なく、低カロリーで健康的です。

柔らかさと肉汁のうま味がいいのが特徴で、人気の部位でもあります。

クセや臭みがないので、安心しておすすめできます。

豚ハラミの食感・味

豚ハラミの食感は、柔らかく噛むごとにしたたる肉汁が口の中に広がります。

ホルモンではありますが、正肉に近い食感ともいえます。

味は、肉汁のうま味が魅力ですが、しつこくなくまろやかで食べやすいです。

正肉のような味なので、モツ系が苦手な方にもおすすめです。

豚ハラミのおいしい食べ方

味付けは、タレなら塩ダレや味噌ダレ、醬油ダレなどがおすすめがあり、もみダレでもいけます。

塩コショウのみでシンプルに食べても十分においしいです。

豚ハラミのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、ひき肉にして食べることも多いです。

豚ハラミのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」で、表面は褐色になるまで焼き上げ、中は火を通しても脂を落としすぎないように焼くのがおすすめです。

焼き加減に注意しなければいけませんが、おいしい脂を逃がさないよう焼き上げるのがポイントです。

豚ハラミに合うお酒

・ビール

・日本酒

・焼酎

豚ハラミの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、ジューシーな肉汁と柔らかさが魅力の豚ハラミの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

豚ハラミの部位は豚の横隔膜で、牛の横隔膜に比べると小さく、豚1頭から取れる量は200~400g程度という少なさです。

柔らかさと肉汁のうま味が特徴で、脂肪が少なく低カロリーなので人気の部位です。

おすすめの焼き方は、「ミディアムレア」で、おいしい脂を逃がさないように焼くのがポイントです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント