豚フワの部位とおいしい食べ方・焼き方は?食感はマシュマロのよう!

スポンサーリンク

豚フワは、マシュマロのようなフワフワした食感が特徴で、希少部位のひとつとされます。

味がほとんどないので、この食感が命ともいえる部位です。

豚フワの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、マシュマロのような食感が特徴の豚フワの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

豚フワの部位

豚フワの部位は、豚の肺で、下図のハツの上部にあたります。

豚1頭から握りこぶしほどの大きさぐらいしか取れない希少部位です。

血管が縦横無尽に走っているので血抜きが大変で、下処理は面倒だといえますが、しっかり行うことによってくさみやクセを抑えることができます。

下処理がきちんとされていれば味は淡白なので、ホルモンが苦手な方にも食べやすいのではないでしょうか。

名前の由来は、マシュマロのようにフワフワしていることからつきましたが、他にも別名で「フク」、韓国では「プップギ」とも呼ばれています。

豚フワの食感・味

続いて、豚フワの食感・味です。

食感は、その名の通りフワフワで柔らかく、触っても食べてもマシュマロのようですが、クセがある場合はレバーに似ていると表現される場合もあります。

味は淡白というか、ほとんどないので食感を楽しむ部位といえます。

豚フワのおいしい食べ方

豚フワ自体にはほとんど味がないので、味付けで印象が変わる部位といえます。

淡白な部位なので、基本的にはタレがおすすめですが、お好みで決めていいでしょう。

甘口ダレ、味噌ダレなどの濃いめの味付けの他、塩ダレもおすすめです。

豚フワのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、炒め物や煮込み料理にも使われます。

豚フワのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ウェルダン」で、じっくりと焼き上げて食べるのがおすすめです。

血が多く、しっかり焼いても柔らかい食感がキープされる部位なので、表面だけでなく中心部までしっかりと火を通っているかどうか確認しながら焼くのがポイントです。

豚フワに合うお酒

・ビール

・日本酒

・焼酎

・ハイボール

豚フワの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、マシュマロのような食感が特徴の豚フワの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

豚フワの部位は、豚の肺で、豚1頭から握りこぶしほどの大きさぐらいしか取れない希少部位です。

味はほとんどなく淡白で、フワフワしていて柔らかいマシュマロのような食感を楽しむべき部位です。

おすすめの焼き方は、「ウェルダン」で、中心部までしっかりと火を通して焼くのがポイントです。

なかなか見かける機会が少ない部位なので、見つけたらぜひ試してみることをおすすめします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント