かしらの部位とおいしい食べ方・焼き方は?味は淡白で低カロリー!

豚肉のかしらは、豚のこめかみから頬にかけての肉で、淡白な味とカロリーの低さが人気の部位です。

串焼きではよく聞く部位ですが、他にもさまざまな料理に使われる用途の広さも特徴です。

豚肉のかしらの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、淡白な味と低カロリーが人気の豚肉のかしらの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

かしらの部位

豚肉のかしらの部位は、豚の頭部のこめかみから頬にかけての肉で、頭部の肉の中では最もおいしいといわれています。

こめかみの肉は、小さめですが、頬の肉はやや大きめでこめかみよりは脂があります。

しかし、よく動かす部分なので筋肉が発達していて、全体的に脂は少ないです。

やや固めの食感と強いうま味が特徴です。

また、コラーゲンやカルシウムを豊富に含み低カロリーなため、女性にもおすすめの部位でもあります。

かしらの食感・味

続いて、かしらの食感と味です。

食感は、やや固めで弾力性と歯ごたえがあります。

味は、うま味が強いですが、淡白で後味もさっぱりしています。

クセがないので食べやすい部位といえるでしょう。

かしらのおいしい食べ方

味付けは、濃厚なこってりした味わいを楽しむなら甘口ダレや塩ダレで、さっぱりと味わいたいなら塩コショウがおすすめです。

かしらのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、串焼き、炒め物、煮物、天ぷら、酢の物など多くの料理に使われています。

かしらのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」で、表面は強火でカリッと焼き上げて中の脂が溶け出す前に食べるのがおすすめです。

焼き過ぎはもちろんですが生焼けにも注意が必要で、焼き加減が難しい部位といえるでしょう。

かしらに合うお酒

・ビール

・日本酒

・焼酎

かしらの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、淡白な味と低カロリーが人気の豚肉のかしらの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

豚肉のかしらの部位は、豚の頭部のこめかみから頬にかけての肉で、頭部の肉の中では最もおいしいといわれています。

全体的に脂は少なく、やや固めの食感と強いうま味が特徴です。

おすすめの焼き方は「ミディアムレア」ですが、焼き過ぎと生焼けには十分注意しましょう。

焼肉以外にもさまざまな料理に用いられ、低カロリーなので女性にもおすすめの部位です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント