豚シビレの部位とおいしい食べ方・焼き方は?高級感のある食感が特徴

豚シビレは、豚ホルモンの中でも上質な脂がたっぷりと含まれていて、口の中でとろけるような食感が楽しめる部位です。

その高級感あるフワッとした食感は白子に例えられるほどです。

そんな豚シビレの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、フワッととろけるような高級感のある食感が特徴の豚シビレの部位と食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

豚シビレの部位

豚シビレの部位は、胸腺のことですが、膵臓も含めていわれることもあります。

胸腺は心臓の近くに位置して免疫機能に関わっていますが、成長するにつれて脂肪に変わります。

牛肉のシビレは、おおむね生後1年以内の仔牛に限られていて、リードヴォーと呼ばれて重宝されていますが、豚シビレの場合は特にそういった限定的なものではないようです。

しかし、牛シビレに負けない柔らかい食感はホルモンとは思えない高級感があります。

豚シビレの名前の由来

豚シビレという名前は、英語で胸腺を意味する「Sweetbread(スイートブレッド)」がなまったのが由来とされています。

牛のシビレの名前も由来は同じです。

豚シビレの食感・味

食感は上述した通り、柔らかく口の中でとろけるようで、白子によく似ているともいわれています。

また、脂も質が良く濃厚でクリーミーなので、チーズのような食感が楽しめます。

味も甘く濃厚で、ホルモンには思えない上品さがあります。

豚シビレのおいしい食べ方

続いて、豚シビレのおいしい食べ方です。

おいしい食べ方は、脂のうま味を引き立たせてくれる味噌ダレや塩ダレなどのタレがおすすめです。

また、以外な味付けではガーリックバターも合うので、ぜひお試しになって下さい。

豚シビレのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」で、表面はカリッと焼き上げて食べましょう。

ただし、脂を落とし過ぎると固くなってしまうので、ジューシーな状態を保ったまま焼くのがおすすめです。

豚シビレに合うお酒

・ビール

・日本酒(特に熱燗がおすすめ)

・焼酎

豚シビレの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、フワッととろけるような高級感のある食感が特徴の豚シビレの部位と食べ方・焼き方などについて見てきました。

豚シビレの部位は、胸腺のことですが、膵臓も含めることもあります。

口の中でとろけるような高級感のある食感が特徴で、そのフワッとした食感は白子に例えられるほどです。

脂も濃厚でクリーミーな上品さがあり、チーズのような食感が楽しめます。

おすすめの焼き方は、「ミディアムレア」で、表面はカリッと中はジューシーに焼き上げるのがポイントです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント