豚テッポウの部位とおいしい食べ方・焼き方は?トロトロ感が魅力!

テッポウは、豚の直腸で、とろけるようなトロトロ感と脂肪のうま味が魅力の部位です。

テッポウという名前自体は大変ユニークですが、豚1頭からはあまり取れないので大変貴重な部位です。

そんな豚テッポウの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、とろけるようなトロトロ感と脂肪のうま味が魅力の豚テッポウの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

豚テッポウの部位

豚テッポウの部位は、豚の直腸で、名前の由来は開くと鉄砲の形に似ているため、この名前がつきました。

豚1頭から、わずかしか取れない希少部位です。

テッポウ独特のくさみはありますが、長時間下処理をすると独特の食欲をそそる香りがあり、脂肪のうま味とトロトロ感はテッポウならではの特徴です。

肛門の近くの肉厚なものほど質がよく、おいしいといわれています。

豚テッポウの食感・味

続いて、豚テッポウの食感と味です。

テッポウの食感は、弾力性があり、クセになりそうな歯ごたえがあります。

味は、噛むほどに甘いうま味が滲み出てきて、中の脂はあっさりして、トロトロの味わいがあります。

何回も嚙んでいるうちに味わい深さが増していきます。

豚テッポウのおいしい食べ方

味付けは、タレ系がおすすめで、甘口ダレや味噌ダレで濃厚に味わうのが一般的です。

他には塩ダレもいけます。

豚テッポウのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、煮込み料理などがおすすめです。

豚テッポウのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ウェルダン」で、表面はもちろん中までよく火を通して食べるのがおすすめです。

ゆっくり脂を落として、焦げる少し前に食べるのがポイントです。

脂が落ちる際、火が上がることがあるので火災には十分に気をつけましょう。

豚のテッポウに合うお酒

・ビール

・焼酎

・日本酒

・ハイボール

豚テッポウの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、とろけるようなトロトロ感と脂肪のうま味が魅力の豚テッポウの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

豚のテッポウの部位は、豚の直腸で、豚1頭から、わずかしか取れない希少部位です。

脂肪のうま味とトロトロ感は豚テッポウならではの特徴で、弾力性があり歯ごたえのある食感はクセになりそうです。

おすすめの焼き方は、「ウェルダン」で、焦げる少し前に食べるのがポイントです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント