馬肉のさくらの特徴は?味とおすすめのおいしい食べ方・焼き方も

スポンサーリンク

「さくら」とも呼ばれる馬肉は、低カロリー・低脂肪のヘルシーさと脂のうま味が魅力の肉です。

牛肉や豚肉などと比べると食べる機会は少ないと思いますが、馬刺しなどは独特の食感があってなかなかおいしいです。

そんな馬肉のさくらの特徴などは、どのようなものでしょうか?

今回は、馬肉のさくらの特徴や味、おすすめのおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

馬肉のさくらの特徴

馬肉といえば、馬刺しが有名ですが、他に焼肉・すき焼き・さくら鍋としても食べられています。

馬肉の赤身が空気に触れると桜色となることから、別名「さくら」とも呼ばれますが、その由来は諸説あり、はっきりしていません。

肉のきめはやや粗めですが、脂肪が少なく、高たんぱく・低カロリー・低脂肪とヘルシーなのが馬肉の特徴です。

また、ビタミンや栄養素が豊富に含まれており、豚肉や牛肉と比べて、

・鉄分は約2〜3倍
・カルシウムは約2倍
・グリコーゲンは5倍以上

も含まれています。

馬肉の脂は成分的に魚の脂に近く、あっさりしてしつこくありません。

この脂のうま味も特徴のひとつといえます。

馬肉の味・食感

続いて、馬肉の味と食感です。

味は、脂のうま味が甘く濃厚で肉汁のおいしさが最高です。

食感は、馬刺しの場合はやや固めで独特の歯ごたえがありますが、焼肉の場合は柔らかく脂の香ばしい香りが楽しめます。

馬肉のおいしい食べ方

味付けは、甘口ダレかしょうが醬油がおすすめですが、シンプルに塩こしょうにわさびだけでもおいしいです。

肉自体の味を楽しむなら塩だれもいいでしょう。

においが気になる場合は、しょうがなどを加えて消して食べましょう。

馬肉のおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「レア」で、軽く火を通すぐらいでOKです。

脂は、溶かしてから食べたほうがいいでしょう。

馬肉に合うお酒

・濃い味付けの場合は、ビールや焼酎

・あっさりした味付けの場合は、日本酒やワインがおすすめ

馬肉のさくらの特徴と味~まとめ

今回は、馬肉のさくらの特徴や味、おすすめのおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

馬肉は、別名「さくら」とも呼ばれ、脂肪が少なく高たんぱく・低カロリー・低脂肪でヘルシーなのが特徴です。

また、ビタミンや栄養素も豊富なので、健康にもいい肉です。

味は脂のうま味が甘く濃厚ですが、あっさりしてしつこくありません。

焼き方は、「レア」で、軽く火を通すぐらいがおすすめです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント