ヤンの部位とおいしい食べ方・焼き方は?アワビのような弾力と甘味!

牛肉のヤンは、牛一頭からわずかしか取れない希少部位なので、あまり聞いたことがないという方も多いと思われます。

しかし、弾力性があって味もこってりしていて甘味があるユニークな部位です。

ヤンの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、アワビのような弾力と脂肪の甘味が魅力の牛肉のヤンの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ヤンの部位

牛肉のヤンの部位は、牛の第2の胃(ハチノス)と第3の胃(センマイ)をつなぐ部位で、牛一頭からわずかしか取れない希少部位です。

肉厚で、ハチノスの上にくっついているコブにように見えます。

別名、「ハチカブ」とも呼ばれています。

脂が多さとその脂肪の甘味、弾力性が特徴で、揉みダレにつけてあることが多い部位でもあります。

下処理で味が大きく変わるのはホルモン全般にいえることですが、その中でもヤンは本来は臭みが強く特に下処理次第ともいわれている部位です。

焼肉店の腕の見せ所ともいえるでしょう。

ヤンの味・食感

食感は、弾力性があって歯ごたえもあります。

新鮮なヤンではアワビのような弾力を楽しむことができます。

味は、脂が多くこってりしていて、クセのない甘味があります。

ヤンのおいしい食べ方

続いて、ヤンのおいしい食べ方です。

脂の多いヤンをおいしく味わうなら味噌ダレ、塩ダレ、醤油ダレなどにタレ系がおすすめです。

特に塩ダレはヤンの甘味を感じることができますが、同時にクセも強く出やすくなります。

ヤンのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「ミディアムレア」ですが、多少焼きすぎてもおいしく食べることができます。

表面をカリカリに焼いてヤン独特の食感を楽しみましょう。

ヤンに合うお酒

・ビール

・白ワインならシャルドネ系がおすすめ

・日本酒

・焼酎

・ハイボール

ヤンの部位とおいしい食べ方・焼き方~まとめ

今回は、アワビのような弾力と脂肪の甘味が魅力の牛肉のヤンの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

牛肉のヤンの部位は、牛の第2の胃(ハチノス)と第3の胃(センマイ)をつなぐ部位で、牛一頭からわずかしか取れない希少部位です。

弾力性のある食感と脂の甘味が特徴ですが、下処理の重要度が他のホルモンより高い部位でもあります。

おすすめの「ミディアムレア」で、表面をカリッと焼き上げてヤン独特の食感を楽しみましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント