牛ハラミの部位とおいしい食べ方・焼き方は?低カロリーでヘルシー!

牛肉のハラミは、うま味が強く低カロリーでヘルシーな人気の部位です。

最近では、人気が急上昇してカルビと並ぶほどまでになっています。

牛ハラミの部位はどこで、おいしい食べ方・焼き方にはどんな方法があるのでしょうか?

今回は、うま味が強く低カロリーでヘルシーな牛ハラミの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見ていきます。

スポンサーリンク

牛ハラミの部位

牛肉のハラミの部位は、牛の横隔膜の背中側に当たり、ホルモンに分類されています。

横隔膜の下の部位をサガリといいますが、ハラミとサガリをひとくくりにしてハラミと呼んでしまう場合もあります。

牛ハラミはカルビに似た味わいがあり肉のうま味が強いのが特徴で、100gあたり約350kcalとカルビよりカロリーが低くヘルシーなのもうれしいですね。

質の良いものは厚みがありサシも入り、うま味も強くなる傾向があり、しかもくどくないという特徴があります。

カルビと並ぶ人気の部位ですが、やはりヘルシーで柔らかくおいしいのが人気の秘密のようです。

牛ハラミの別名

ハラミは別名の多い部位で、他に「アウトサイドスカート」、「オウカク」、「マクミ」、「シンスカート」とも呼ばれます。

韓国語では、「アンチャンサル」といいます。

最近では人気の高い部位であることから、”スター部位”という新しい別名も付いています。

牛ハラミの食感・味

続いて、牛ハラミの食感と味です。

食感は柔らかく、肉汁が口いっぱいに広がってとてもジューシーです。

味は、脂肪がほどよくある割にはあっさりしていて、甘味とコクがあって肉のうま味も強いです。

どちらかというとサシのようなとろけるような食感ではなく、赤身の肉らしさを楽しむ部位といえます。

牛ハラミのおいしい食べ方

牛ハラミの味付けは、シンプルに塩コショウで肉本来の味を楽しむのがおすすめです。

こってりと味わうなら塩ダレ、醬油系ならわさび、または、しょうがが合います。

牛ハラミのおいしい食べ方としては焼肉・バーベキュー以外にも、煮込み料理などにも向いています。

牛ハラミのおいしい焼き方

おいしい焼き方は、「レア」で、表面をカリッと焼き上げるのがおすすめで、表裏・上下左右とまんべんなく焼き上げることで牛ハラミのおいしさを存分に楽しむことができます。

じっくりと火を通したほうがおいしさが詰まってきますので、片面をよく焼いて焼き目をつけて肉の中に肉汁とうま味を閉じ込めるように焼きましょう。

さらに側面も焼くことによって肉汁を逃がさずに閉じ込めることができます。

七輪で焼く場合は、強火でカリッと焼き上げるか、中火でじっくりと焼くと焦げづらく焼けます。

また、厚切りの場合は焼き上げた後、少し休ませてから食べたほうが、肉全体に肉汁が染み渡るのでジューシーな味わいがさらにアップすることでしょう。

脂が気になる場合は、「ミディアムレア」~「ミディアム」まで焼いてもいいでしょう。

牛ハラミに合うお酒

・ビール

・ワインなら赤ワインのボルドー系などのフルボディ・タイプ

・日本酒なら原酒などしっかりしたタイプ

・ハイボール

牛ハラミの部位とおいしい食べ方・焼き方のまとめ

今回は、うま味が強く低カロリーでヘルシーな牛肉のハラミの部位とおいしい食べ方・焼き方などについて見てきました。

牛ハラミの部位は、牛の横隔膜の背中側で、肉のうま味が強いのが特徴です。

また、カロリーが低くヘルシーなので人気が急上昇している部位です。

おすすめの焼き方は、「レア」で、表裏・上下左右とまんべんなく焼き上げ、脂が気になる場合は、「ミディアムレア」~「ミディアム」まで焼くのがいいでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント