ホルモンの焼き加減の目安は?わからないと事故につながることも!

ホルモンをおいしく焼食べるための焼き加減がわからない方も多いと思います。

同じ焼肉でも正肉とホルモンでは焼き方が異なり、おいしく食べるには少し注意が必要なようです。

さらに自宅では、もうひと工夫が必要になります。

何かホルモンの焼き加減の目安になるようなものはあるのでしょうか?

今回は、ホルモンの焼き加減がわからない時の目安について見ていきます。

スポンサーリンク

ホルモンの焼き加減の目安は?

ホルモンの焼き加減で目安となるのは、まずです。

ハツやレバーなどの赤系ホルモンは、比較的色で目安がつけやすいホルモンで、表面が濃い色になって焦げ目がついたら、ひっくり返します。

そして脂が透明になってきた時がOKの目安となります。

難しいのが白系ホルモンで、こちらは皮の方から焼いていき次いで脂身で、焼き過ぎないように注意しながらホルモンの脂が流れ落ちる前に、ひっくり返します。

またホルモンは焼くと収縮しますが、この収縮がしなくなった頃が焼き加減の目安にもなります。

ホルモンごとに焼き加減の目安が異なるので、色の変化と脂の出具合をよく見極めることがポイントになります。

スポンサーリンク

ホルモンの焼き加減がわからないとわからないと事故につながることも!

最近はホルモン・ブームで、同じ焼肉でもより経済的なホルモンが人気です。

正肉より脂が多い部位でもあるため、焼き方も少し異なります。

焼き加減で味も変わるのですが、食べ放題に行ったりしてホルモンを一気に大量に焼くと火災などの事故にもつながるので注意が必要です。

新聞やワイドショーなどでもずいぶん報道されています。

事故を避けるためにも、ぜひホルモンの焼き加減も知っておきましょう。

こちらの記事も合わせてどうぞ!
☞ 焼肉屋の火事の原因はダクト?ホルモンの焼き方には要注意!

ホルモンを自宅でおいしく食べるには焼き加減だけが目安ではない

焼肉店だけでなく、自宅でもおいしくホルモンを食べたいですよね。

ホルモンを自宅でおいしく食べるには、焼き加減だけが目安ではなくもうひと工夫必要になります。

自宅ではホルモンを冷凍保存しているケースもあるかと思いますが、この時注意したいのが、急激に解凍しないで時間をかけて徐々に解凍することです。

理由は余分な水分が出てしまい、ホルモンの味を損ねてしまうからです。

できれば食べる前日から冷蔵コーナーに移しておき、焼く数時間前には室温に慣らしておくことをおすすめします。

自宅でホルモンを焼く際はフライパンやホットプレートになるかと思いますが、あらかじめ温めておき、少なめの油をひいてあとは上記の要領で焼いていきます。

焦げ付きや脂の飛び跳ねを防止するためにアルミホイルを使用するのもおすすめです。

焼いているときに脂が出たら、キッチンペーパーなどでこまめに拭き取るようにしましょう。

ホルモンの焼き加減の目安~まとめ

今回は、ホルモンの焼き加減がわからない時の目安について見てきました。

まとめると、ホルモンの焼き加減は色の変化や脂の出具合、収縮の度合いが目安になることがわかりました。

また、自宅でおいしくホルモンを食べるには解凍の方法に気を付けて、フライパンやホットプレートでもおいしく食べられることもわかりました。

焼き過ぎず、うまく脂をコントロールするのが、おいしくホルモンを食べるポイントです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント